5月5日に大垣北公園野球場で行われた第2試合、ホンダ鈴鹿−日本製鉄東海REXの観戦記です。
2次予選を2週間後に控えたところで、準決勝進出の望みがないチーム同士。ある程度戦力を見極めながらの試合になった印象です。

ホンダ鈴鹿
021101000|5 H9 E1
000000000|0 H6 E1
日本製鉄東海REX

ホンダ鈴鹿
森田(21)、福島(12)、八木(18)、木田(19)、竹内(11)−長
日本製鉄東海REX
加藤優(13)、近藤(20)、吉川(18)、片山(34)、孕石(11)−阿保

投手成績
ホンダ鈴鹿
森田 6回1/3 78球 被安打4 死球1 三振6 失点0
福島 1/3 3球 被安打0 四球0 三振0 失点0
八木 1/3 6球 被安打1 四球0 三振1 失点0
木田 1回 13球 被安打0 死球1 三振1 失点0
竹内 1回 23球 被安打1 四球0 三振2 失点0

日本製鉄東海REX
加藤優 4回 59球 被安打6 四球0 三振3 失点4
近藤 1回 17球 被安打0 四球0 三振1 失点0
吉川 1/3 23球 被安打2 四球1 三振1 失点1
片山 1回2/3 18球 被安打0 四球1 三振2 失点0
孕石 2回 21球 被安打1 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
ホンダ鈴鹿
9栗原(29) 8小川(25) 7長野(1) 2長(27) D松本(4)→H岡澤(28) 4貞光(5) 6中川(7) 5阿部(0) 3鈴木(2)
日本製鉄東海REX
8大塚(2) 6荒木(9) 4平野(4) 5福田(8) 9吉位(7) D加藤辰(29) 3金子(23) 2阿保(22) 7稲葉(6)→H加藤樹(26)→7

(試合経過)
2回表、2死1塁から7番中川の2ランホームラン。ホンダ鈴鹿が先制。2−0
3回表、2死から2番小川がソロホームラン。3−0
4回表、2死3塁から7番中川のタイムリー。4−0
6回表、1死1,3塁から7番中川のセーフティスクイズが成功(1塁もセーフ)。1死満塁でピッチャー交代、片山。5−0
7回裏、1死1塁でピッチャー交代、福島。2死1塁でピッチャー交代、八木。
ホンダ鈴鹿が快勝しました。


総評

ホンダ鈴鹿の快勝。
先発の森田投手が昨年の2次予選の初戦を思い起こさせる好投で、日本製鉄東海REX打線を寄せ付けず。
死球は1つあったものの無四球で、先頭を出したのも1度だけ。しかもその時はゲッツー。素晴らしいピッチングでした。好不調の波が大きいタイプなので鵜呑みにはできませんが、いい形で2次予選に臨めそうな雰囲気を感じました。
打線ではルーキーの中川選手が4打点の大暴れ。ショートでこれだけ打てると来年にはドラフト候補と呼ばれそう。
日本製鉄東海REXは高卒2年目の加藤優投手が先発。期待されましたが、4回を4失点。MAXも141匯澆泙蠅繁寨茲竜絨劼任呂△蠅泙擦鵑任靴拭先発だったのを考慮してもやや寂しいピッチング。なんとか調子を上げていきたいところですが。
打線は加藤辰選手が2安打と好調。今年も頼りになる存在になりそうです。

ピックアップ選手等はこちら