4月23日に津島球場で行われた第1試合、一宮西−愛知黎明の観戦記です。
一宮西は初めて現チームを見るのでどんなチームか注目して観戦しました。

一宮西
000102100|4 H9 E8
20011401X|9 H12 E1
愛知黎明

一宮西
金森(9)、片岡(10)、吉田(2)、中埜(1)、吉田(2)−吉田、小坂井
愛知黎明
佐藤(1)、山本陸(15)−原、野村

投手成績
一宮西
金森 1回 17球 被安打2 四死球3 三振0 失点2
片岡 3回 48球 被安打4 四球2 三振0 失点0
吉田 2回1/3 39球 被安打4 四球1 三振0 失点6(自責点1)
中埜 1回2/3 被安打2 四球0 三振1 失点0

愛知黎明
佐藤 5回1/3 77球 被安打5 四死球3 三振2 失点3
山本 3回2/3 59球 被安打4 四球1 三振3 失点1

(出場選手)
一宮西
8中埜(1)→1→8 3小坂井→2→3→2 2吉田→1→2→1 6則竹 5田島 7山内→8→7 9杉本(14)→3→9→3 4木場 1金森(9)→H花木(7)→1片岡(10)→9→7→9
愛知黎明
9高林 8石黒 5濱砂 4萇崎(11) 2原→2野村(20) 7渡邉 6与那嶺 1佐藤→1山本(15) 4矢野

(試合経過)
1回裏、1死2,3塁から4番萇崎が2点タイムリー。愛知黎明が2点先制。
4回表、1死3塁から7番杉本の3ゴロをファンブルして1塁のみアウトに。2−1
4回裏、1死3塁から1番高林の犠牲フライ。3−1
5回裏、2死1,3塁から8番佐藤のタイムリー。4−1
6回表、1死2,3塁から7番杉本が2点タイムリー。4−3に。ここでピッチャー交代、山本。
6回裏、無死1,2塁から2番石黒のバントをピッチャーが3塁へ悪送球。ランナー生還。無死2,3塁から3番濱砂の遊ゴロの間に1点。1死3塁から4番萇崎がタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、中埜。5番野村がタイムリー3ベース。この回4点勝ち越し。8−3
7回表、1死満塁から4番則竹がタイムリー。8−4
8回裏、1死3塁から6番渡邉がタイムリー2ベース。9−4
愛知黎明が勝ちました。

総評

一宮西は投手交代をどんどんして、愛知黎明打線をかわそうとしていました。ただ、中盤以降、エラーが多く出てそれが失点に。やはりそうなると勝つ流れにはなかなかならないですね。
打つ方は3番の吉田選手が3安打。7番の杉本選手が3打点と活躍。7回に4番の則竹選手のタイムリーが出て尚も1死満塁で、後続が続いていたらもっともつれたかな、と思います。
それでも2年生の投手陣を中心に、愛知黎明打線をよく抑えた印象です。
愛知黎明は4番の萇崎選手が3安打で長打2本。さすが4番という打撃を見せてくれました。
ただ、エラーをたくさんもらったわりには走塁死も多くなかなか活かせず。コールドまで持っていけなかったところは反省点ですね。

ピックアップ選手等はこちら