4月20日に守山市民球場で行われた日本海オセアンリーグの富山サンダーバーズー滋賀GOブラックスの観戦記です。
BCリーグを抜け、新リーグでの出発となった今年。平日開催で初めて来れました。
雰囲気は以前と大きく変わらないかな。上手く軌道に乗ってほしいところです。

富山
000000000|0 H6 E0
02111000X|5 H6 E0
滋賀

富山
松向(13)、下沢(11)、愛矢世(14)、小井出(29)、山川(21)、タバーレス(99)−古本、谷口
滋賀
吉村(12)、山口(21)、岩田(18)−佐々木

投手成績
富山
松向 3回 60球 被安打3 四球3 三振4 失点3 MAX150
下沢 1回 18球 被安打2 四球0 三振0 失点1 MAX139
愛矢世 1回 14球 被安打1 四球1 三振1 失点1 MAX143
小井出 1回 12球 被安打0 四球0 三振0 失点0 MAX137
山川 1回 9球 被安打0 四球1 三振0 失点0 MAX146
タバーレス 1回 13球 被安打0 四球0 三振1 失点0 MAX150

滋賀
吉村 7回 104球 被安打4 四死球3 三振3 失点0 MAX127
山口 1回 15球 被安打2 四球0 三振0 失点0 MAX135
岩田 1回 17球 被安打0 四球1 三振0 失点0 MAX138

(出場選手)
富山
7武部(2) 6M-GENJI(6) 9都島(9) D矢野(8) 8佐藤(7) 5根本(5) 2古本(24)→2谷口(22) 3T若杉(55) 4益子(3)→H大上(28)
滋賀
4大崎(13) D長谷川(27) 6小原(8) 7青木(3)→8中岡(51) 9山本(2)→9松田(23) 3片山(6) 2佐々木(50) 5菅野(24) 8鈴村(66)→7

(試合経過)
2回裏、2死2,3塁から1番大崎が2点タイムリー。滋賀が先制。2−0
3回裏、1死から3番小原がソロホームラン。3−0
4回裏、1死3塁から8番菅野がタイムリー3ベース。4−0
5回裏、2死2塁から5番山本がタイムリー。5−0
滋賀の快勝となりました。

総評

富山の先発は松向投手。東海REX時代からプロ注と言われていましたが、指名はなく、今年は独立リーグへ転身。
この日はMAX150劼魑録するも、ややコントロールが不安定。2回裏も2死から下位に四球を2つ出して1番大崎投手に打たれるという良くない流れで失点。
ホームランは小原選手が上手く打った印象ですけど、ちょっと課題が残る登板となりました。ボールの勢いは素晴らしい。コントロールは大体でいいのでストライクで押し込んでいってほしいかな、と感じます。
滋賀が5回までにチャンスをうまく活かして加点。そのまま逃げ切りました。
先発の吉村投手は右のアンダーハンド。120丗罎里泙辰垢阿抜傍泙如⇒彌蠅妊織ぅ潺鵐阿魍阿靴謄侫薀ぅ▲Ε箸蚤任措茲襪箸いΩ事な投球が光りました。
富山も得点圏には5度進めましたがあと1本が出ず。6回〜8回は2人ずつランナーを出しただけになんとかしたかったですね。

ピックアップ選手等はこちら