4月10日に阿久比球場で行われた第2試合、刈谷−東浦の2回戦の観戦記です。
公立の拮抗したチーム同士の対戦。やはり接戦となりました。

刈谷
100000040|5 H7 E1
000010000|1 H3 E1
東浦

刈谷
堀脇(1)−平山、谷口
東浦
神谷(1)−山口

投手成績
刈谷
堀脇 9回 123球 被安打3 四球1 三振4 失点1

東浦
神谷 9回 114球 被安打7 四死球5 三振6 失点5(自責点4)

(出場選手)
刈谷
9谷口(7)→2 5春原 2平山→9丹野(19) 7青山(8) 3牧野 8鈴木(10) 6蜂須賀 1堀脇 4中村
東浦
9外山 5加藤 8杉本 3榊原 4寺本 7成瀬→H須田(14)→7吉岡(16) 2山口 1神谷 6夏目

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番青山がレフトオーバーのタイムリー2ベース。刈谷が先制。1−0
5回裏、2死2塁から9番夏目がタイムリー2ベース。1−1の同点に。
8回表、1死2,3塁から4番青山が2点タイムリー。更に2死1,2塁から7番蜂須賀の2点タイムリー2ベース。一気に4点勝ち越し。5−1
刈谷が勝ちました。

総評

投手戦となりました。
刈谷の堀脇投手は左のオーバーハンド。まっすぐは120卅鞍召らいですが、角度があり、コントロール、テンポがいいので打たせて取れる好左腕。
東浦の神谷投手はMAX130kmをマーク。小柄ですが投球技術が高く、こちらもコントロールのいい右腕。
7回までお互いに1点ずつ失うも、持ち味を発揮しそこまで刈谷は3安打、東浦は2安打。チャンスも多くない展開となりました。
試合は8回表に動きます。先頭の1番谷口選手がヒット。続く2番春原選手の遊ゴロがエラーとなってチャンス拡大。送って4番の青山選手が前進守備の3塁手をゴロで超す2点タイムリーで勝ち越し。更に2者おいて7番の蜂須賀選手にタイムリー2ベースが出て試合が決まりました。
ミスから得た1チャンスをものにした刈谷がお見事でした。
東浦は6回以降ヒット1本。チャンスも作れずでした。堀脇投手の投球が見事でしたね。
お互いにエラーは1つだけ。引き締まった投手戦でした。そしてそのエラーが得点に直結する。野球の特徴が出た試合でした。

ピックアップ選手等はこちら