4月5日に浜松球場で行われた第1試合、トヨタ自動車−JR東日本東北の観戦記です。
昨年都市対抗ベスト8のJR東日本東北がトヨタ相手にどういう戦いを見せるかにも注目して観戦しました。

トヨタ自動車
010000000|1 H7 E1
00002001X|3 H5 E2
JR東日本東北

トヨタ自動車
吉野、嘉陽−高祖
JR東日本東北
竹本−園部

投手成績
トヨタ
吉野 7回 99球 被安打3 四球1 三振9 失点2
嘉陽 1回 22球 被安打2 四球0 三振1 失点1

JR東日本東北
竹本 9回 118球 被安打7 四球0 三振3 失点1

(出場選手)
トヨタ
7八木(0)→7徳本(29) 5北村(4) D河合(3)→H福井(10) 3樺澤(9) 9多木(7) 6佐藤(6) 2高祖(22) 8坂巻(24) 4和田(8)
JR東日本東北
4菅野(1) 3大保(7) 8鈴木(24) 5大西(10) 2園部(22) 7丸山(33) 9安西(6) D夷塚(2) 6小山(3)

(試合経過)
2回表、1死3塁から7番高祖のスクイズ成功。トヨタ自動車が先制。
5回裏、無死2塁から6番丸山が2ランホームラン。JR東日本東北が逆転。2−1
8回裏、1死1,3塁から1番菅野の遊ゴロの間に1点。3−1
JR東日本東北が勝ちました。

総評

ヒット数が示す通り、押していたのはトヨタ自動車の方。JR東日本東北はチャンスは2回だけでその両方ともで点を取ったところが強さでしたね。
丸山選手の2ランホームランは見事な当たり。8回は逆に1死1,3塁で何とかゴロを転がして1点につなげる等勝負強さが光りました。
竹本投手は140卅鞍召里泙辰垢阿妊劵奪箸7本許したものの無四球。上手く打たせて取った印象です。
吉野投手は三振9個奪う等、力のある球を投げていましたが、一発に泣いた形に。
トヨタはヒットがすべて単打。足を使ってチャンスを広げようとしましたが、盗塁死や走塁死も3度ほどあってチャンスを広げられませんでした。

ピックアップ選手等はこちら