4月2日に長良川球場で行われた開幕試合、東海学院大−中部学院大の1回戦の観戦記です。

東海学院大
000000000|0 H4 E0
00010121X|5 H9 E0
中部学院大

東海学院大
伊藤慈(19)、近藤(13)、大澤(20)−浅野
中部学院大
津川(18)、瀬田(14)、齋藤(19)−北、中川

投手成績
東海学院大
伊藤慈 6回1/3 110球 被安打7 四死球4 三振1 失点4
近藤 1/3 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
大澤 1回1/3 23球 被安打2 四球0 三振0 失点0

中部学院大
津川 7回 109球 被安打3 四球1 三振11 失点0
瀬田 1回0/3 17球 被安打1 四球1 三振2 失点0
齋藤 1回 12球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
東海学院大
9印政(7) 4吉川(24) 2浅野(10) 3袋本(6) D川喜田(1)→R松田(3)→H川村(33) 7古田(9) 5伊藤駿(2)→H勝野(5) 6来田(8) 8松浦(4)
中部学院大
8永井(7)→H眞田(33)→R伊藤(26)→8 6山崎(10) 9三塚(1) 3宮坂(3) 5森(8) D大江(5)→R桂(13) 7北野(24) 4合屋(6) 2北(2)→H此島(4)→2中川(27)

(試合経過)
4回裏、2死2塁から6番大江がタイムリー。中部学院大が先制。
6回裏、2死2塁から5番森がタイムリー。2−0
7回裏、1死満塁から2番山崎がタイムリー2ベース。4−0。ここでピッチャー交代、近藤。2死1,3塁でピッチャー交代、大澤。
8回裏、2死2塁から8番合屋がタイムリー2ベース。5−0
9回表、無死1,2塁でピッチャー交代、齋藤
中部学院大が勝ちました。

総評

これまでの地力の差からして、中部学院大が圧倒するかな、と思い試合を見始めましたが東海学院大が善戦。
東海学院大の伊藤慈投手のボールはかなり動いているようで、中部学院大打線がかなり打ちあぐみました。なかなかいい当たりが出ず、森選手の活躍で6回までに2点を奪いましたが苦戦。
7回にようやく疲れが見えた伊藤慈投手を捉えました。シーズン初戦、コロナ過でオープン戦も飛んでいた分、試合感も厳しかったように思います。
中部学院大とすれば、まず1つ勝てて良かった、という試合だったかもしれませんね。
東海学院大打線は津川投手をなかなか捕まえられず。それでも塁に出た時に足を使って仕掛ける等、何とかしようとする姿勢は見られました。
こういう食らいつく試合を今後も続けていってほしいです。

ピックアップ選手等はこちら