3月21日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第1試合、三菱自動車岡崎−ヤマハの観戦記です。
ヤマハは今季初観戦でした。

三菱自動車岡崎
000200000|2 H6 E0
001000000|1 H4 E1
ヤマハ

三菱自動車岡崎
山口(12)、坂巻(34)、大井(17)−西川
ヤマハ
近藤(19)、九谷(13)、村木(20)、波多野(21)−川邉

投手成績
三菱自動車岡崎
山口 7回 92球 被安打3 四死球4 三振3 失点1
坂巻 1回 26球 被安打1 四球1 三振1 失点0
大井 1回 20球 被安打0 四球1 三振0 失点0

ヤマハ
近藤 4回1/3 83球 被安打3 四死球3 三振6 失点2
九谷 2回2/3 39球 被安打2 死球1 三振0 失点0
村木 1回 24球 被安打1 四球0 三振2 失点0
波多野 1回 13球 被安打0 四球2 三振0 失点0

(出場選手)
三菱自動車岡崎
9里見(28) 4宇都口(2) 8飯嶌(23) 7田口(7) D菅原(3) 3堂(0) 5伊藤(26) 2西川(10) 6内藤(8)
ヤマハ
8前野(25) 3秋利(4)→R野澤(23)→5 9網谷(5) D笠松(33) 4青柳(6) 5藤岡(3)→3 2川邉(8)→H大本(22)→R高坏(9) 6永濱(7)→H古川(26) 7鈴木(0)

(試合経過)
3回裏、2死2塁から2番秋利の2ゴロが内野安打になり、その間に2塁ランナーの前野がホームを突き生還。好走塁でヤマハが先制。1−0
4回表、1死2,3塁からワイルドピッチで3塁ランナーに続き2塁ランナーまで生還。2−1と三菱自動車岡崎が逆転。
5回表、1死2塁でピッチャー交代、九谷。
三菱自動車岡崎が逃げ切りました。

総評

三菱自動車岡崎が競り勝ちました。
先制はヤマハ。2死から四球で出た前野選手が盗塁を決めて、秋利選手の内野安打で一気に生還。前野選手の好走塁が活きた試合でした。
その直後の4回表、三菱自動車岡崎は四球、ヒットで出たランナーを相手の近藤投手が制球を乱してワイルドピッチを連発して逆転。そのリードを守り切りました。
三菱自動車岡崎は山口投手の好投が大きい要因でした。あまり最近、先発しているところを見たことが無かったのですが、140匱紊里泙辰垢阿縫灰鵐肇蹇璽襪良く打たせてとってヤマハ打線を翻弄。
そこから坂巻投手、大井投手のリレーで逃げ切りました。
ヤマハは本番さながらの打線で挑みましたが、やや打線が低調。8回裏には無死1,2塁のチャンスでしたが、3,4,5番が倒れ万事休すでした。

ピックアップ選手等はこちら