3月19日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第3試合、西濃運輸−トヨタ自動車の観戦記です。
トヨタ自動車は今年初観戦でした。

西濃運輸
001000020|3 H6 E1
02310000X|6 H8 E1
トヨタ自動車

西濃運輸
石田(11)、池田(12)、摺石(21)−城野、森
トヨタ自動車
吉野(17)、松本(16)−高祖

投手成績
西濃運輸
石田 3回 57球 被安打3 四死球3 三振2 失点5
池田 3回 53球 被安打5 四球0 三振2 失点1(自責点0)
摺石 2回 29球 被安打0 四球1 三振3 失点0

トヨタ自動車
吉野 6回 96球 被安打2 四死球4 三振4 失点1
松本 3回 51球 被安打4 四球2 三振3 失点2(自責点1)

(出場選手)
西濃運輸
8丹下 6北野 9谷 7原田 5野崎 D浦岡 4渡邊→4大山 2城野→H柏木→2森 3福山
トヨタ自動車
7八木 5北村 D河村 3今井 9多木→9穴井 6佐藤 2高祖 8坂巻→H金成→8徳本 4和田

(試合経過)
2回裏、1死1塁から6番佐藤が2ランホームラン。トヨタ自動車が先制。2−0
3回表、1死3塁から4番原田のセーフティスクイズ成功。2−1
3回裏、1死1,2塁から4番今井が3ランホームラン。5−1
4回裏、2死1,3塁から1番八木のセーフティバントでサードの送球が逸れ(記録はヒット)3塁ランナーが生還。6−1
8回表、1死1,2塁から4番原田がタイムリー。2死満塁から7番大山の遊ゴロエラーで1点。6−3
トヨタ自動車が勝ちました。

総評

トヨタ自動車が快勝。
2回には6番の佐藤選手、3回には4番今井選手が見事にとらえてホームラン。ここで勝負は決まった感じでしたが、打った佐藤選手、今井選手がお見事だった印象です。
佐藤選手が2年目、今井選手はルーキー。こういった若手がトヨタ打線の印象を変えていきそうです。
吉野投手、松本投手ともに140卮召个里泙辰垢阿鯏蠅欧董△△訥度試合を作りました。若手の活躍が楽しみですね。
西濃運輸は新監督、佐伯さんに代わって、野球が変わってきている印象があります。
足を使う、スクイズも使う。積極的に打っていくというよりは、粘っていくスタイルに感じました。
こういう野球が浸透して、どこまで戦えるようになっていくか。今後に注目です。
新人3投手。それぞれボールの良さはありました。こういう強豪に投げた経験を今後に活かしてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら