3月16日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第2試合、東海学園大−日本製鉄東海REXの観戦記です。
日本製鉄東海REXは今年初観戦。新監督でどんな野球をやるかも注目して観戦しました。

東学大
020000100|3 H6 E1
00000134X|8 H12 E1
日本製鉄東海REX

東学大
高橋(19)、柵木(12)−山本
東海REX
片山(34)、渡部(17)、村越(19)−笹倉

投手成績
東学大
高橋 7回 100球 被安打10 四球0 三振5 失点4(自責点1)
柵木 1回 26球 被安打2 四死球3 三振0 失点4

東海REX
片山 6回 77球 被安打4 四球1 三振4 失点2
渡部 2回 30球 被安打1 四球1 三振3 失点1
村越 1回 11球 被安打1 死球1 三振0 失点0

(出場選手)
東学大
8清水唯(10) 9伊藤(6) 2山本(22) D後藤(3)→H瀬尾(15) 7清水裕(9) 3横井(25) 5加藤輝(40)→R清水敦(24)→5水野(7)→H山崎(34) 4友田(20) 6鈴木暁(39)→H山田歩(21)
東海REX
8大塚(2) 6荒木(9) 4平野(4) 3金子(23) D古川(5) 5後藤田(10) 7加藤辰(29) 9稲葉(6) 2笹倉(33)

(試合経過)
2回表、1死1塁から6番横井がタイムリー2ベース。2死2塁から8番友田がタイムリー。東海学園大が2点先制。
6回裏、1死1,3塁から5番古川のタイムリー2ベース。2−1
7回表、1死2塁から8番友田のバントでピッチャーが3塁送球しこれが悪送球。2塁ランナーが生還。3−1
7回裏、無死1,2塁から1番大塚の遊ゴロで2塁アウトの後の1塁送球が悪送球となり、2塁ランナーが生還。更に2死2塁から3番平野がタイムリー3ベース。4番金子がタイムリー。東海REXが逆転。4−3
8回裏、1死満塁から1番大塚が満塁ホームラン。8−3
日本製鉄東海REXが逆転勝ちを収めました。

総評

テンポのいい試合。東海学園大の高橋投手、日本製鉄東海REXの片山投手ともにコントロールが良く、安定感がありました。
高橋投手は基本130丗罎里泙辰垢阿覆ら、コントロールが良く東海REX打線をうまく打たせてとっていました。6回に捕まりかけたところで、1点失って1死2,3塁から三振と2ゴロで抑えたところは素晴らしかった。
7回もエラーが無ければ抑えられてた感じでしたし、まだ2年生ですがエースとしてリーグ戦での活躍が期待できそうです。
打線も少ないチャンスでしたが、何とかしようという意識は感じました。上位打線に当たりが無かったので、ここをうまく調整していきたいですね。
後は高橋投手以外のピッチャーの調整でしょうか。
日本製鉄東海REXはどうやら何人かワクチン接種で出れなかった模様。後藤田選手がサードに入ったのも緊急事態だったぽいです。
それでも苦しい流れで打った平野選手、金子選手はさすがでした。
片山投手、渡部投手は安定していましたし、投手は今年も良さそうですね。

ピックアップ選手等はこちら