2月5日にパロマ瑞穂ラグビー場で行われたトヨタV−BR東京を観てきました。

トヨタの試合は2度コロナで中止となり、3度目の正直。一回は見ておきたいと思っていた中でようやく試合を見ることができました。

観衆は2421人。コロナ対策もあって少なくなった部分もありますが、良く入った方でしょうか。

終盤雪が強くなり、かなり寒くなりました。

トヨタV23−19BR東京

DSC_5327_1

前半はトヨタが風上に立って、かなり試合を優位に。
8割がた、トヨタが攻めていた印象。ただ、PGが2つ失敗があって、1トライを取られて、印象ほどリードできず。
後半はBR東京が風上でやはり試合を優位に。それでもシンビンで一人少ない時間もそんなに影響せず、後半25分に突き放すトライ。

DSC_5309_1

これで23−12となってかなり楽になったかと思いましたが、29分に1トライ1ゴール返され4点差。
ここからお互いに一進一退の攻防で、寒さもあってかチャンスでハンドリングエラーも出て、結局トヨタが逃げ切り。
これで4勝1敗となりました。

DSC_5240_1DSC_5291_1

印象に残ったのはBR東京の10番、アイザックルーカス。トライは見事は動きでした。

DSC_5272_1DSC_5274_1

この試合の写真アルバムはこちら