1月21日にパロマ瑞穂球場で行われた東郷製作所−ニデックの観戦記です。
試合開始前にはどちらもまだ優勝の可能性を残した状態での対戦でした。ここからはサバイバル戦になっていきますね。

東郷製作所
010010020|4 H8 E0
000000000|0 H3 E0
ニデック

東郷製作所
久保田(11)−橋本
ニデック
松橋(17)、早矢仕(18)、春田(16)−水谷

投手成績
東郷製作所
久保田 9回 137球 被安打3 四球6 三振1 失点0

ニデック
松橋 5回 74球 被安打4 四死球3 三振1 失点2
早矢仕 3回 55球 被安打4 四死球2 三振0 失点2
春田 1回 16球 被安打0 四球0 三振2 失点0

出場選手
東郷製作所
8松田(2) 9石井(23) D上村(15) 3手崎(7) 5野瀬(9) 4小代田(10) 6飯田(5) 2橋本(22) 7岩崎(1)
ニデック
9白石(24) 4山下(22) 6越智(10) 2水谷(23) 8山崎(8) D寺嶋(3) 5加藤(5) 3高木(27) 7泉(2)

(試合経過)
2回表、2死から8番飯田、9番橋本の連打で1,3塁とし、9番岩崎がタイムリー。東郷製作所が先制。1−0
5回表、1死満塁から3番上村の犠牲フライ。2−0
5回裏、先頭の5番山崎がレフトオーバーの長打。3塁を狙うも中継が上手く3塁でタッチアウトに。ニデックにとっては痛いプレーになりました。
8回表、1死3塁から7番飯田のライト線に落ちるタイムリー。更に1死2塁から8番橋本のタイムリー2ベース。4−0
東郷製作所が勝ちました。

短評

東郷製作所が先制、中押し、だめ押しといい形で点を取って優位に進めて快勝しました。
点はいずれも下位打線が絡んでいて、7番飯田選手、8番橋本選手の活躍が目立ちました。

先発の久保田投手は四球6つとやや多く、球数もかさみましたが最後まで投げ切って完封。ランナーを出してからの粘りがお見事でした。
ニデックはランナーは出るものの、なかなか久保田投手をとらえきれず。5回の山崎選手の3ベースを阻止されたのも大きなプレーでした。
東郷製作所はこれで3勝2敗1分と優勝戦線に踏みとどまり、ニデックは首位から一歩後退。

ピックアップ選手等はこちら