▼年度代表馬 エフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父エピファネイア)=皐月賞、天皇賞・秋、有馬記念

▼最優秀2歳牡馬 ドウデュース(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎、父ハーツクライ)=朝日杯FS

▼最優秀2歳牝馬 サークルオブライフ(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎、父エピファネイア)=阪神JF

▼最優秀3歳牡馬 エフフォーリア

▼最優秀3歳牝馬 ソダシ(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎、父クロフネ)=桜花賞、札幌記念

▼最優秀4歳以上牡馬 コントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人、父ディープインパクト)=ジャパンC

▼最優秀4歳以上牝馬 ラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ディープインパクト)=クイーンエリザベス2世C(香港)、BCフィリー&メアターフ(米国)、香港カップ(香港)

▼最優秀短距離馬 グランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎、父ディープインパクト)=安田記念、マイルCS

▼最優秀ダートホース テーオーケインズ(牡4歳、栗東・高柳大輔厩舎、父シニスターミニスター)=チャンピオンズC

▼最優秀障害馬 オジュウチョウサン(牡10歳、美浦・和田正一郎厩舎、父ステイゴールド)=中山大障害

年度代表馬はエフフォーリア。これは文句なしですね。ラブズオンリーユーの海外G3勝もすごい成績なのですが・・・。
最近は牡馬の活躍が減っていた、というか牝馬上位の時代が続いたので、単純に良かったですよね。今後血統の広がりを考える上でも。
昨年いっぱいで引退する馬が多かったので、新しい時代に入っていきそうな2022年。
現4歳世代は強いといわれていますので、今後の活躍が楽しみですよね。
久々に朝日杯から最優秀2歳が選ばれたのはうれしい。やっぱり昔から2歳G気噺世┐伉日杯ですからね。