「超一流の雑談力」を読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
あたりさわりのない無意味な雑談ではなく、「意味のある雑談をすれば、仕事や人間関係が変わる」。そんなメッセージのもと、雑談力を高める方法を具体的、実践的に解説したのが本書です。たとえば、「声は、ドレミファソラシドの『ファ』か『ソ』」「『なるほどですね』『そうですね』は話を聞いていない人の反応」「『なぜですか?』は愚問」など、全38項目でそのテクニックを紹介していきます。さらに、日常で雑談力を鍛えるためのトレーニング方法も収録しており、初心者からある程度話し方に自信がある人まで、すぐに実践できるノウハウが詰まった一冊です。

雑談力を上げるための実践的なテクニックが書かれていますが、トレーニング方法も書かれていて、どうしたら上げていけるかも書いてあるのが良書と言えるポイントかな、と思います。

中古で買いましたが、こういう本は色あせないので勉強になりますね。

自分に欠けている部分が多く、上手く今後に活かしていきたいです。

会話のシミュレーション、ゴールを意識しての会話、雑談。
会話を広げる相手を気持ちよくする質問、等。
場数も含めて心掛けていきたいです。