12月6日に東京ドームで行われた準々決勝第1試合、JR東日本東北−セガサミーの観戦記です。

JR東日本東北
001100000|2 H4 E1
00601000X|7 H4 E2
セガサミー

JR東日本東北
西村(11)、山田(16)、櫻糀(14)−坪倉、薗部
セガサミー
横田(17)、横山(14)、氏家(16)、陶久(35)、石垣(30)−須田

投手成績
JR東日本東北
西村 3回 59球 被安打3 四死球4 三振0 失点6(自責点0)
山田 3回 48球 被安打1 四球1 三振4 失点1
櫻糀 2回 29球 被安打0 死球2 三振1 失点0

セガサミー
横田 3回 52球 被安打3 四球0 三振1 失点1
横山 3回1/3 52球 被安打1 四球2 三振5 失点1
氏家 2/3 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0
陶久 1回2/3 20球 被安打0 四球0 三振0 失点0
石垣 1/3 7球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
JR東日本東北
4菅野(4) 5大保(7)→H夷塚(2)→5 8鈴木聖(24) D石井(5) 3望月(30) 7安西(6)→H大西(10) 6小山(3)→H若林(26) 2坪倉(21)→H丸山(33)→2薗部(22) 9金沢(9)
セガサミー
9植田(31) 5砂川(2) D土谷(4)→H宮川(7) 3根岸(7)→3澤良木(26) 8市根井(24) 7森(42)→H平田(9)→R本間(32)→7 6中川(1) 2須田(23) 4北川(5)

(試合経過)
3回表、2死3塁から1番菅野がタイムリー。JR東日本東北が先制。1−0
3回裏、1死満塁から4番根岸の押し出し死球。5番市根井の犠牲フライ。更に2死満塁から7番中川が満塁ホームラン。一挙6点で逆転。6−1
4回表、1死から5番望月がまっすぐを捉えてソロホームラン。6−2
5回裏、先頭の4番根岸が粘って9球目を捉えてソロホームラン。7−2
7回表、1死1塁でピッチャー交代、氏家。
9回表、2死1塁でピッチャー交代、石垣。
セガサミーが勝って準決勝進出1番乗りをはたしました。

総評

3回の一挙6点。これが勝敗を分けましたが、やはり四球とエラーが絡んでいるんですよね。四球は粘った末のものだったので仕方ない部分はあるものの、3番土谷選手の3ゴロの悪送球は結果痛かった。
オリックスから6位指名を受けた横山投手が見れて良かった。MAX148辧3回1/3で三振5つはさすが。ただ、ややコントロールに苦しむ感じも見て取れたので、その部分がNPBでどうなるか、ですね。
トヨタ自動車からトヨタ自動車東日本に移り、補強で出場した望月選手がホームラン。活躍が見れて良かった。
あと、JR東日本東北は櫻糀投手が登板。こちらも活躍が見れてうれしかったですね。
セガサミーは昨年もベスト4。やはりそれ以上を狙っているというチームの集中力を感じます。優勝まで行けるか、注目です。

ピックアップ選手等はこちら