12月2日の東京ドームの第3試合に行われたトヨタ自動車−NTT東日本の観戦記です。
強豪同士の一戦。好ゲームを期待して観戦しました。

トヨタ自動車
000100000|1 H3 E0
01120000X|4 H10 E0
NTT東日本

トヨタ自動車
渕上(15)、川尻(16)、長谷部(14)、嘉陽(20)−高祖
NTT東日本
上出(20)、小孫(36)、野口(34)、多田(14)−保坂

投手成績
トヨタ自動車
渕上 3回1/3 58球 被安打7 四球0 三振3 失点4
川尻 1/3 10球 被安打1 死球1 三振0 失点0
長谷部 1回1/3 23球 被安打1 四球1 三振2 失点0
嘉陽 3回 38球 被安打1 四球0 三振2 失点0

NTT東日本
上出 5回 79球 被安打2 四球3 三振2 失点1
小孫 2回 36球 被安打0 四球1 三振0 失点0
野口 1回 11球 被安打0 四球0 三振0 失点0
多田 1回 12球 被安打1 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
トヨタ自動車
8中村(10) 4佐藤(6) 7逢澤(2) 5樺澤(9) D宝島(32) 3小河(23) 9八木(0)→9徳本(29) 2高祖(22) 6和田(8)
NTT東日本
3下川(1) 4丸山(0) 5中村(9) 8向山(8)→9 D喜納(10) 7長澤(33) 9火ノ浦(4)→H盆(25)→R竹原(35)→8 2保坂(29) 6上川畑(6)

(試合経過)
2回裏、先頭の5番喜納がソロホームラン。NTT東日本が先制。1−0
3回裏、2死1,3塁から4番向山のタイムリー。2−0
4回表、先頭の佐藤が粘ってフルカウントからソロホームラン。2−1
4回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、川尻。1死満塁からパスボールで1点。更に1死満塁から2番丸山の犠牲フライ。ここでピッチャー交代、長谷部。4−1
6回裏、無死1,2塁でピッチャー交代、嘉陽。
NTT東日本が快勝。

総評

NTT東日本が快勝。
2回に喜納選手の一発で先制。3回は2死からの3連打で1点。1点差に迫られた4回には渕上投手、川尻投手を攻めて2点。
これを継投でトヨタ打線を3安打に抑えて快勝。トヨタは勝機がほとんどなかった感じでした。
ルーキーの上出投手がやや変則のフォームから5回2安打に抑え、補強の小孫投手、野口投手もマウンドに上がり、盤石の起用でした。
トヨタ自動車はドラフト指名された中村外野手が不発。壮行試合ではいいバッティングを見せていましたが、本番では打てず。いいところを見たかったですが・・・。
長谷部投手、佐藤内野手の中京大中京出身のルーキーの活躍が目立ちました。来年、さらに活躍を期待したいですね。

ピックアップ選手等はこちら