12月1日に東京ドームで行われた第2試合、三菱自動車倉敷オーシャンズ−三菱重工Westの観戦記です。
三菱同士の対戦。お互いにドラフト指名された投手がいたので、その投手の投球を楽しみに観戦しました。

三菱自動車倉敷オーシャンズ
010000000|1 H3 E0
00200000X|2 H8 E0
三菱重工West

倉敷オーシャンズ
彦坂(18)、廣畑(19)−本木
三菱重工West
森(15)、八木(14)−拾尾

投手成績
倉敷オーシャンズ
彦坂 6回1/3 83球 被安打6 四球0 三振3 失点2
廣畑 1回2/3 23球 被安打2 四球0 三振1 失点0

三菱重工West
森 8回 112球 被安打3 四死球5 三振8 失点1
八木 1回 14球 被安打0 四球0 三振2 失点0

(出場選手)
倉敷オーシャンズ
8鳥井(4) 9垣内(31)→H小柳(24)→9 7平井(1) 3田村(13)→R沖(29)→3牛尾(3) D宮崎(6) 5渕上(7) 6岡(10)→H高見(9) 2本木(27)→H竹井(2) 4平山(0)→H森(22)
三菱重工West
8根来(39) D湯口(6) 4福永(37) 7皆川(38)→R青木(8)→9 3西岡(5)→H松原(23)→3波多野(0) 9佐藤(24)→7 6中山(3)→H森山(23)→6和気(2) 2拾尾(22) 5石田(1)

(試合経過)
2回表、2死2,3塁から8番本木の四球のボールがワイルドピッチとなり3塁ランナーが生還。倉敷オーシャンズが先制。1−0
3回裏、2死2,3塁から3番福永が2点タイムリー。三菱重工Westが逆転。2−1
7回裏、1死2塁でピッチャー交代、廣畑。
三菱重工Westが逃げ切りました。

総評

倉敷オーシャンズは廣畑投手が先発かと思いましたが、彦坂投手が先発。予選でも2勝上げていて、この試合でもしっかりと試合を作りました。
ただ、三菱重工Westの森投手もさすがに広島のドラフト2位指名のピッチャー。やや四死球が多かったものの、要所を締めるピッチングで8回を1失点と好投を見せました。
廣畑投手もリリーフで登板してMAX151劼鬟沺璽し無失点。八木投手(ロッテ5位指名)も1回で2奪三振と、NPBから指名を受けた投手たちが持ち味を発揮して、レベルの高い投手戦でした。
3回に1チャンスを活かした三菱重工Westが見事でしたが、この前の場面、1死1,3塁から湯口選手の1ゴロで拾尾選手が三本間で挟まれて、かなり粘って2死2,3塁にしたんですよね。これが2点につながったので、隠れた好プレーでした。

ピックアップ選手等はこちら