11月30日に東京ドームで行われた第2試合、日立製作所−ヤマハの観戦記です。
東海地区の第1代表のヤマハ。やはり上位進出を期待して観戦しました。

日立製作所
000121000|4 H7 E1
000000000|0 H9 E0
ヤマハ

日立製作所
岡(11)、田川(18)−川本
ヤマハ
九谷(13)、近藤均(15)、ナテル(12)−川邉

投手成績
日立製作所
岡 5回2/3 78球 被安打7 四球1 三振4 失点0
田川 3回1/3 51球 被安打2 四球0 三振5 失点0

ヤマハ
九谷 4回 57球 被安打3 四球1 三振1 失点1
近藤均 2回 25球 被安打3 四球1 三振2 失点3
ナテル 3回 49球 被安打1 四球0 三振7 失点0

(出場選手)
日立製作所
9豊田(8)→9濱元(27) 4林(31) 7大塚(24) 5森下(1) 3田中(23) D河野(4) 6野中(7) 8諸積(26) 2川本(28)
ヤマハ
5青柳(6) 4貞光(32) 9網谷(5) 8前野(25) 7矢幡(1)→6永濱(7) D秋利(4) 3笠松(33)→H鈴木光(0) 6相羽(10)→H長野(34)→7 2川邉(8)→H大本(22)

(試合経過)
1回表、無死1,2塁のチャンスも3番大塚が6−4−3のゲッツー。4番森下も倒れ先制ならず。
1回裏、3本のヒットで無死満塁。4番前野が3ゴロホーム封殺。5番矢幡が一邪、6番秋利が中飛に倒れ先制ならず。
4回表、先頭の3番大塚が右中間に先制のソロホームラン。1−0
5回表、2死3塁から1番豊田が2ランホームラン。3−0
6回表、先頭の大塚が2打席連続のソロホームラン。4−0
6回裏、無死1塁から4番前野の2ベースで1塁ランナーがホームを狙うもタッチアウト。2死1,2塁でピッチャー交代、田川。7番笠松が三振に倒れ、リリーフ成功。
日立製作所が初戦を突破しました。

総評

ヤマハは完敗の形になりました。
ポイントは3つ。
まずは初回。無死満塁で得点できなかったこと。ただ、これは相手もあることで仕方ない部分もあります。表は同じようなピンチをしのいだわけで。
2つ目は近藤均投手の中継ぎ起用。彼は自チームでは大エース。先発しかやっていない投手。ヤマハも補強の意味としては2戦目の先発予定だったと思います。
ただ、ビハインドになると、起用しないのはもったいないと中継ぎで起用。これが裏目に出ました。やはり補強だから使わないと、ではなく、腹をくくってほかの中継ぎ投手を起用するべきでした。
近藤均投手は中継ぎとしては球威が厳しいタイプ。本人も気の毒でした。
3つ目は6回裏、無死1塁からの4番前野選手の2ベースで本塁憤死。タイミング的には回してもいいかな、とも思いましたが、相手の守備が良かったのと、状況はアウトには絶対になっていけない場面。やはり止めるが正解でした。この回の無失点で試合が決まってしまった。
ヤマハは2次予選で不在だった秋利選手、矢幡選手が復帰して野手が渋滞を起こしていました。結果的に補強の選び方も失敗した形に。本戦を戦う上での難しさを見せてしまいました。
日立製作所はホームラン3本で快勝。阪神ドラフト6位の豊田選手の2ランが大きかった。もちろん大塚選手の2打席連続ホームランも。
岡投手、田川投手も力があって、地力の高いチームでした。この後の戦いも強そうです。
ヤマハのナテル投手が素晴らしい球を投げていました。これももったいない感じに結果なってしまいました。
本戦で勝ち上がるというのは、予選を勝ち抜くとは別の難しさがありますね。

ピックアップ選手等はこちら