11月21日に阿久比球場で行われた全尾張大会の3位決定戦、大成−半田の観戦記です。
毎年いいチームを作ってくる半田がどんな状況か、注目して観戦しました。

大成
1013003|8 H12 E1
0000000|0 H2 E2
半田
(7回コールド)

大成
白井(1)−上岡
半田
大林(1)、佐々木(8)−竹内

投手成績
大成
白井 7回 103球 被安打2 四死球5 三振6 失点0

半田
大林 3回1/3 64球 被安打4 四死球5 三振1 失点3
佐々木 3回2/3 73球 被安打8 四球2 三振3 失点5(自責点2)

(出場選手)
大成
8福原(18) 4杉本 9矢野 3三宅(17)→3奥山(13) 7西浦 5山尾 6辻本 2上岡 1白井
半田
5平 6宇藤→H荒木(11)→6堀田(16) 9川尻 2竹内 7中野 8佐々木→1 4伊藤(13)→H榊原(4)→4 3新美→H牧野(12) 1大林→8→H猿渡(20)→8

(試合経過)
1回表、1死1,3塁から4番三宅の5−4−3のゲッツーの1塁送球が取れず、その間に1点。大成が先制。1−0
3回表、1死満塁からワイルドピッチで1点。2−0
4回表、1死1塁でピッチャー交代、佐々木。2死満塁からタイムリーエラーで1点。6番山尾の2点タイムリー。5−0
5回裏、1死1,2塁のチャンスでしたが、8番新美のところでエンドランを仕掛けるも三振ゲッツーとなり得点ならず。
7回表、2死2,3塁から2番杉本が2点タイムリー3ベース。更に2死1,3塁から4番奥山がタイムリー。8−0
7回裏、1死1,2塁のチャンスも半田は活かせず。
大成がコールド勝ちを収め、全尾張大会3位となりました。

総評

大成が序盤から得点を取って優位に進め、エースの白井投手が2安打に抑え、0点で抑えきりました。
大成もチャンスは毎回多かったのですが、なかなか押し切れず残塁も多い試合でした。それでも7回にコールド圏内までもっていったのは良かったですね。
白井投手はMAX133劼鬟沺璽。やや四死球は多かったものの、三振も6つ奪って最後まで投げ切ったのは自信になりそうです。
半田はミスがらみでの失点も多く、厳しい内容の試合となりました。
それでも5回、6回は足を使って崩そうとしたり、何とかしようという意図は感じられました。
反省点の多い試合だったと思いますが、これを糧に来年の春に成長した姿を見せてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら