11月20日に豊田球場で行われた1年生大会の準決勝第1試合、星城−享栄の観戦記です。
お互いに初めて見るチーム同士なので、どんな選手がいるか注目して観戦しました。

星城
000400100|5 H7 E5
11022030X|9 H12 E2
享栄

星城
西岡(1)、深谷(10)、中屋(9)−加藤
享栄
中井(13)、東松(1)−小笠原

投手成績
星城
西岡 5回 81球 被安打7 四死球3 三振1 失点6(自責点5)
深谷 1回 10球 被安打1 四死球2 三振0 失点0
中屋 2回 23球 被安打4 四球0 三振0 失点3(自責点1)

享栄
中井 3回2/3 51球 被安打3 四死球3 三振0 失点4(自責点3)
東松 5回1/3 64球 被安打4 四球0 三振9 失点1

(出場選手)
星城
6渡邉 4若原 5内山 9中屋→1 8金沢 3青木 7矢崎 2加藤 1西岡→H重野(13)→R川舩(18)→9川瀬(19)
享栄
9眞野 5村上 2小笠原 8高田 7青山 4大坂(3) 3小野(10) 6大橋 1中井(13)→1東松(1)

(試合経過)
1回裏、1死3塁から3番小笠原のセンター犠牲フライ(落球して記録はエラー)。享栄が先制。
2回裏、1死1,2塁から8番大橋のタイムリー2ベース。2−0
4回表、2死満塁から9番西岡に押し出し四球。ここでピッチャー交代、東松。1番渡邊が走者一掃の3点タイムリー2ベース。星城が逆転。4−2
4回裏、1死2,3塁から8番大橋のタイムリー。9番東松の犠牲フライ。4−4の同点に。
5回裏、1死2,3塁から6番大坂のタイムリー2ベース。7番小野の遊ゴロをファインプレーで捌くもその間に1点。6−4と享栄が再び逆転。
7回表、2死2塁から3番内山のタイムリー。6−5
7回裏、無死2,3塁から7番小野の2点タイムリー。更に1死2塁から9番東松のタイムリー。9−5
享栄が勝って決勝戦進出。

総評

お互いにミスなどが出た一戦。1年生大会なので、そういうのが出るのは仕方ない。
ミスに委縮せず、今後の糧にできるように取り組んでいってほしいですよね。
星城はセンター方向にしっかりと打ち返す打撃で、享栄の投手陣にも負けないスイングは出来ていたと思います。
ただ、エラーが出たイニングはやはり失点につながっているので、そこを今後の課題にしていきたいところ。
享栄の東松投手は左で141劼鬟沺璽。常時130卉翦廖糎緘召鮟个擦討い燭里如△なり安定して高いレベルの球を投げてきます。
変化球を捉えられるケースが多かったので、組み立てに改善の余地があるかも。なんにしても楽しみな投手です。
打線は下位が当たっていました。積極的な打撃で決勝戦も先手を取っていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら