11月10日に西濃運輸グランドで行われたNTT西日本−西濃運輸の壮行試合の感想です。
グランドについた時には1回表が終了していました。

NTT西日本
100100020|4
02040000X|6
西濃運輸

NTT西日本
西川(4)、大道寺(1)、宅和(1)、河津(1)、吉川(1)−辻本
西濃運輸
船迫(4)、山下(3)、池田(2)−柏木、森
※()はイニング数

(試合経過)
1回表にNTT西日本が先制していました。
2回裏、2死満塁から9番渡邊、1番北野の連続タイムリーで西濃運輸が逆転。2−1
4回表、2死から5番の野村がソロホームラン。2−2
4回裏、2死1,2塁から3番伊礼、4番谷、5番野崎、6番小室の4連続タイムリーで一挙4点。6−2と西濃運輸が勝ち越し。
8回表、先頭の7番山田がソロホームラン。尚も無死2,3塁から1番酒井の犠牲フライ。6−4
西濃運輸が勝ちました。

短評

西濃運輸の打線がつながって快勝。谷選手が3安打と好調を維持しています。その前後が打つとつながりますね。
投手陣は山下投手が素晴らしい内容で3回を1安打無失点と好投しました。
NTT西日本は野村選手、山田選手にホームラン。ソフトバンクからドラフト指名を受けた野村選手は素晴らしい打撃を見せていました。

ピックアップ選手等はこちら