10月21日にパロマ瑞穂球場で行われた準硬式のリーグ戦、愛知大−愛教大の観戦記です。

愛知大
13440|12 H15 E2
00000|0 H4 E1
愛教大
(5回コールド)

愛大
加納(20)−鈴木、村上、大岩
愛教大
大村(17)、山本(22)、庄子(47)、岩附(4)、松澤(10)−紅林

投手成績
愛大
加納 5回 67球 被安打4 四球1 三振0 失点0

愛教大
大村 2回 51球 被安打6 四球2 三振1 失点4(自責点3)
山本 1/3 25球 被安打4 四死球2 三振0 失点4
庄子 1回 22球 被安打3 四球2 三振0 失点4
岩附 2/3 14球 被安打1 四球1 三振0 失点0
松澤 1回 8球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
愛知大
8大谷(7) 4小瀬木(2)→4内垣(44) 3西岡(10) 7梶(1) D牧野(12) 9細野(17) 5安岡(41)→H水越(39)→5南(35)→H鏡味(37)→5 6北山(36)→H田中(21)→6中島(9)→H長谷川(6)→6→H浅田(31)→6濱本(22) 2鈴木(5)→H梶田(42)→2村上(40)
愛教大
8櫻木(21) 6奥田(6)→6竹生(42) 9瀧本(11) 2紅林(43) 3岩垣(8)→1松澤(10) 7鈴木裕(34)→H野呂(18)→7都築(1) D鈴木(44)→5水野(3)→5大倉(2) 4橋本(5) 5山本(22)→1→1庄子(47)→1岩附(4)→3

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番梶のセカンド後方のフライを取れず、記録タイムリーエラー。愛大が先制。
1回裏、1死からヒット、エラーで1,2塁のチャンスも4番5番が倒れ0点。
2回表、2死満塁から3番西岡が2点タイムリー。4番梶がタイムリー。4−0
3回表、1死1,3塁から1番大谷のタイムリー。更に1死満塁から3番西岡の押し出し四球。更にワイルドピッチで1点。1死2,3塁から4番梶がタイムリー。ここでピッチャー交代、庄子。8−0
4回表、無死1,2塁から代打梶田がタイムリー。1死満塁でピッチャー交代、岩附。3番西岡が走者一掃の3点タイムリー2ベース。12−0
愛大が5回コールドで大勝しました。

総評

1回表の愛大のタイムリーはセカンドが取れそうな後方のフライ。これを取っていれば・・・。そして2回表も2死無走者からの3失点だったんですよね。
どちらもリーグ最終戦。愛大は3年生が主体でこの試合が最後の選手もいたと思われます。そして試合展開もあり多くの選手が出場。その伸び伸び感がいい方に出た試合だったかな、と感じました。
愛教大は3年生1人だけで1年生主体のスタメン。その差が出たかな、と思いました。1回裏にチャンスで1点でも取っていたら違った展開になったかもでしたね。

ピックアップ選手等はこちら