10月18日にトヨタスポーツセンターで行われたホンダ−トヨタ自動車のOP戦です。
都市対抗本戦に向けてのOP戦がスタートしました。

ホンダ
000000000|0 H2 E2
01010201X|5 H6 E0
トヨタ自動車

ホンダ
有村(5 1/3)、田村(1 2/3)、米倉(1)−辻野
トヨタ自動車
吉野(5)、山城(2)、葛川(1)、渕上(1)−小畑、高祖
※()はイニング数

(試合経過)
2回裏、2死2塁から7番坂巻のタイムリー。トヨタが先制。1−0
4回裏、1死3塁から4番中村の犠牲フライ。2−0
6回裏、1死3塁から2番佐藤のスクイズ成功。ここでピッチャー交代、田村。更に2死1,3塁から5番樺澤のタイムリー。4−0
8回裏、無死1,3塁から3番逢澤の犠牲フライ。5−0
トヨタ自動車が継投で完封勝利。

短評
トヨタ自動車の吉野投手が5回を1安打ピッチングと好投。
打線もスクイズを決めるなど小技も絡めながら得点を積み重ね快勝。都市対抗本戦に向けて好スタートを切りました。
ホンダはなかなかいい当たりが出ず。投手陣もややピリッとしない内容となってしまいました。

ピックアップ選手等はこちら