10月17日にパロマ瑞穂球場で行われた第3試合、中部大−愛工大の観戦記です。
この試合の前に中京大の優勝が決まったので、消化試合となってしまいましたが、4年生にとっては最後の試合。
たくさんの選手が出る試合になりました。

中部大
001000000|1 H8 E0
22103000X|8 H12 E0
愛工大

中部大
古澤(17)、水谷(18)、日渡(14)−廣田、堀
愛工大
室田(20)、藤田(21)、鈴木(11)、大宅(19)−田中

投手成績
中部大
古澤 3回 53球 被安打8 四球3 三振0 失点5
水谷 2回 40球 被安打3 四死球2 三振0 失点3
日渡 3回 48球 被安打1 四球1 三振2 失点0

愛工大
室田 5回 81球 被安打6 四球2 三振6 失点1
藤田 1回 16球 被安打0 四球1 三振2 失点0
鈴木 1回 14球 被安打1 四球0 三振2 失点0
大宅 2回 24球 被安打1 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
中部大
9田中→7→H村山 4藤澤→H勝又→3 6牛島→6佐野 3濱→4近藤 7平尾→H森本→5櫻井 5大西→H杉本→9 D寺島→H松野 8佐藤→8西林 2廣田→2堀
愛工大
7福山 8後藤 5谷川→H深見→R中島→5 6清水→6渡邉 4山本 3半田→R橋本→3 2田中 D尾藤 9駒澤→H中田→9

(試合経過)
1回裏、1死2塁から3番谷川のタイムリー3ベース。2死3塁から5番山本のタイムリー。愛工大が2点先制。2−0
2回裏、1死2,3塁から2番後藤のタイムリー。3番谷川のタイムリー。4−0
3回表、2死2塁から5番平尾のタイムリー3ベース。4−1
3回裏、1死から8番尾藤のソロホームラン。5−1
5回裏、無死満塁から8番尾藤の押し出し四球。代打中田の犠牲フライ。2死1,3塁から2番後藤のタイムリー。8−1
愛工大が快勝。有終の美を飾りました。

総評

愛工大が序盤からリードを広げ、リーグ戦最終戦を飾りました。
3回までは割とどちらもランナーを出してチャンスを作る展開。何とか踏ん張って試合を作った室田投手に対し、踏ん張り切れずに失点した藤澤投手。この差が大きな差になってしまいました。
愛工大は2番の後藤選手の活躍。3回に飛び出した8番尾藤選手のホームランが大きかったですね。
中部大は1,2回で点を取っていれば違う試合になったと思いますが、割り切りやすい試合になったかな、という印象。
多くの選手を使うことができたことも、雰囲気は良くなりそうな気がします。
まだ3連盟の試合がありますし、そこに向けてうまく調整してほしいですね。
戦力となるであろう日渡投手が好投したのも収穫ですね。

ピックアップ選手等はこちら