10月15日にパロマ瑞穂球場で行われた準硬式のリーグ戦、中京大−日福大の観戦記です。

中京大
000101100|3 H12 E1
010020000|3 H6 E0
日福大
(9回時間切れサスペンデッド)

中京大
伊藤(18)、小久保(20)、西村(11)、夏目(1)、道崎(16)−飯島
日福大
佐藤(19)、谷輪(41)、山本(9)、大浦(40)−木戸

投手成績
中京大
伊藤 4回1/3 85球 被安打4 四死球3 三振5 失点3(自責点2)
小久保 1回2/3 29球 被安打0 四球1 三振2 失点0
西村 1回 14球 被安打1 四球1 三振0 失点0
夏目 1回 13球 被安打1 四球0 三振1 失点0
道崎 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0

日福大
佐藤 4回 62球 被安打4 四球2 三振3 失点1
谷輪 1回2/3 28球 被安打4 四球1 三振0 失点1
山本 1回 25球 被安打1 四球2 三振0 失点1
大浦 2回1/3 44球 被安打3 四球1 三振1 失点0

(出場選手)
中京大
8奥田(33) 7石川(25) 3赤峯(3) 2飯島(22) D森雄(13)→R川崎(9) 6白井(6)→5 9山本悠(24)→H水野(37)→9 4森隆(2)→4向井(43) 5橋詰(5)→6中根(10)
日福大
7藤田(23) 9板橋(46)→9福林(11) 8山崎(1) D森(49)→H大田(25) 5川口(48)→6 2木戸(2) 3平山(33) 6中野(4)→5吉永(5) 4高橋(10)→H山本隆(22)→4→4竹元(6)

(試合経過)
2回裏、1死3塁から8番中野が遊ゴロの間に1点。日福大が先制。1−0
4回表、1死3塁からワイルドピッチでランナー生還。1−1の同点に。
5回裏、1死満塁から2番福林が押し出し四球。3番山崎がタイムリー。ここでピッチャー交代、小久保。ここは小久保が踏ん張りピンチを食い止める。3−1
6回表、1死から5番森がソロホームラン。更に2死1,2塁でピッチャー交代、山本。3−2
7回表、1死2塁から3番赤峯のタイムリー。3−3。2死1,2塁でピッチャー交代、大浦。6番白井がレフトへヒットを放つも2塁ランナーがホームを突くもタッチアウトに。3−3
9回終了で同点に。時間切れということで引き分けに。

総評

首位を走る中京大でしたが試合は追いかける展開。
毎回のようにヒットが出た中京大でしたが、なかなか得点が奪えないジリジリした展開。それでも7回に追いついて9回終了まで同点で終えたのはさすがです。
8番の森選手は背番号の書き間違えで反則となる珍しいケースでヒットを取り消されて交代せざる負えないという出来事もありました。
投手陣のレベルも高いですね。道崎投手はかなり球が速く、球速図ってみたら138劼箸なり速かったです。
日福大は先手を取りながら、踏ん張り切れず。それでも投手陣はそれぞれヒットを多く浴びながら何とか粘りました。
今季2部から昇格したチームですが、ここまで4勝。健闘ですよね。
5回にもう1,2点取れていたら・・・。
サスペンデッドとなっているので、再試合なのか継続試合なのかわかりませんが、首位を苦しめてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら