10月9日に庵原球場で行われた日大国際関係学部−静岡産業大の観戦記です。
5回終了時までの観戦記になります。

日大国際関係学部
00010000|11 H11
000120000|3 H5
静産大

日大国際
大石−服部
静産大
武藤、原、岩上、蒔山、中村−大崎

(スタメン)
日大国際
D赤羽 9原 8石島 2服部 2客野 7大坪 5篠田 4長沼 6高橋
静産大
6望月 9平嶺 5谷川 3加茂 7後藤 D松富 2大崎 8高根 4大野

(試合経過)
4回表、1死2塁から7番篠田のタイムリー。日大国際が先制。1−0
4回裏、2死から4番の加茂がソロホームラン。1−1
5回裏、無死1,3塁から9番大野のセーフティスクイズが成功。更に1死2塁から1番望月の遊ゴロをタイムリーエラーで1点。3−1
5回終了時に球場を後にしました。
その後、日大国際が9回に大量点を取って大逆転。静産大はリリーフが打たれたようですね。

短評

1敗同士の対戦で、勝った方が優勝の可能性が残る試合でした。
大石投手は5回まで9個の奪三振でしたが、結局9回で16個奪ったようです。好左腕ですね。
静産大も武藤投手が8回まで投げたようで、そこまでは抑えた。さすがエースの投げ合いという試合に。
これで日大国際が生き残った形に。ただ、自力の優勝はないので、残り勝ってプレッシャーをかけたいですね。

ピックアップ選手等はこちら