9月24日に岡崎球場で行われた第2試合、西濃運輸−ホンダ鈴鹿の観戦記です。
負けると第6トーナメントの1回戦に行くサバイバル戦。序盤から試合が動きました。

西濃運輸
200000040|6 H13 E0
030000100|4 H9 E0
ホンダ鈴鹿

西濃運輸
石本(20)、山下(13)、堀田(18)−柏木
ホンダ鈴鹿
井村(17)、花城(20)、松本竜(19)、福島(12)、八木(18)、平尾(14)−長

投手成績
西濃運輸
石本 1回0/3 19球 被安打5 四球0 三振1 失点3
山下 5回 76球 被安打2 四球1 三振2 失点0
堀田 3回 41球 被安打2 四球0 三振2 失点1

ホンダ鈴鹿
井村 1回 15球 被安打4 四球0 三振0 失点2
花城 4回 74球 被安打3 四球1 三振4 失点0
松本竜 2回2/3 50球 被安打1 四球1 三振2 失点2
福島 0/3 12球 被安打2 四球1 三振0 失点2
八木 2/3 17球 被安打3 四球0 三振1 失点0
平尾 2/3 9球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
西濃運輸
6北野(6) 8原田(31) D渡邊(4) 9谷(25) 5野崎(28) 4大山(0)→R中村(5)→4 7清水(3)→R小中(1)→7 3細川(2) 2柏木(27)
ホンダ鈴鹿
8栗原(29) 4貞光(5)→5 9長野(1)→7 D畔上(10) 5西林(31)→5石川(8)→H西川(24)→4照屋(6) 7松本(4)→9内山(9) 2長(27) 3庄司(26) 6鈴木(2)→H中村(0)

(試合経過)
1回表、1死2塁から3番渡邊がタイムリー。更に連打で1死満塁として6番大山の犠牲フライ。西濃運輸が2点先制。
2回裏、無死1,2塁から6番松本桃のタイムリー2ベース。7番長のタイムリー。8番庄司もタイムリー。ここまでこの回5連打でホンダ鈴鹿が逆転。ここでピッチャー交代、山下。更に2死満塁まで行き3番長野が12球粘るも三振。何とか西濃運輸が3点で食い止めます。3−2
7回裏、2死2塁から3番長野がタイムリー3ベース。4−2
8回表、2死1,2塁でピッチャー交代、福島。7番清水がタイムリー。更に2死満塁から9番柏木がレフトオーバーの走者一掃の3点タイムリー2ベース。西濃運輸が逆転。ここでピッチャー交代、八木。6−4
9回表、1死1,2塁でピッチャー交代、平尾。
西濃運輸が逆転勝利を収めました。

総評

正直試合は7回裏にホンダ鈴鹿が追加点を奪ったところで決まったと思いました。
6回からマウンドに上がったホンダ鈴鹿の松本竜也投手が2イニングをパーフェクト。西濃運輸は表ですし、さすがに厳しいなと思っていました。
ただ、8回表は1死から4番の谷選手がヒットを打ってから、いや、この谷選手を打席に迎えてから急に松本竜投手がおかしくなってボールが先行するように。結局野崎選手は抑えたものの大山選手を歩かせたところでホンダ鈴鹿ベンチが福島投手にスイッチ。
結果、これが誤算に。前回素晴らしいリリーフを見せた福島投手でしたが、清水選手を追い込みながらタイムリーを浴び、細川選手もフルカウントから四球。そして9番柏木選手に難しいアウトローをレフトに運ばれてしまいました。
松本竜也投手がここまで登板がなかったのは不思議だったのですが、突然乱調したことで少し納得がいきました。結局ベンチの信頼度が高くなかったんだな、と。
福島投手は前回なれないロングリリーフをしてから中1日。これは責められないかな。そもそも先発に井村投手というのがちょっと疑問でしたし・・・。
今年ずっとブルペンが苦しいホンダ鈴鹿の様相がそのまま出てしまった終盤でした。
西濃運輸も石本投手が早々にKOされて苦しい試合になったのですが、そこから山下投手が踏ん張って試合を作ったことが結果的に大きかった。
堀田投手も1点は失ったものの、逆転してからの2イニングは素晴らしいピッチング。この2人がいい状態で控えているのは大きいですね。
打線は清水選手がキーになりました。この日は7番に上がって1回、3回にチャンスで凡退。同じ2死1,2塁という場面で8回にもう一度回ってきてここでタイムリー。期待に応えてくれてチームとしても助かりました。
西濃運輸は勢いを得た一戦。谷選手が好調ですので、前後の打者がカギになってきます。
ホンダ鈴鹿は2回の集中打は見事だったのですが、やはり投手陣が不安。打撃陣で点を取っていくしかないですね。

ピックアップ選手等はこちら