9月21日に岡崎球場で行われた第2試合、トヨタ自動車−ジェイプロジェクトの観戦記です。
1回戦をこれしかないという試合で王子を撃破し勢いにのるジェイプロジェクトが、強豪トヨタ相手にどういう試合を見せるかに注目して観戦しました。

トヨタ自動車
000000000|0 H6 E0
001000000|1 H6 E0
ジェイプロジェクト

トヨタ自動車
諏訪(21)、葛川(11)、長谷部(14)、佐竹(19)−高祖
ジェイプロジェクト
古屋(18)、保坂(16)、木村(55)、塩本(19)−増田

投手成績
トヨタ自動車
諏訪 5回2/3 79球 被安打6 四球0 三振4 失点1
葛川 1/3 6球 被安打0 四球0 三振0 失点0
長谷部 1回 14球 被安打0 四球0 三振0 失点0
佐竹 1回 15球 被安打0 四死球2 三振2 失点0

ジェイプロジェクト
古屋 5回 79球 被安打2 四球0 三振5 失点0
保坂 2回 29球 被安打2 四球1 三振1 失点0
木村 1回 19球 被安打1 死球1 三振0 失点0
塩本 1回 16球 被安打1 四球0 三振1 失点0

(試合経過)
3回裏、先頭の8番林田がライトへ先制のソロホームラン。ジェイプロが先制。1−0
6回表、1死から9番和田、1番徳本の連打で1死1,2塁とするも2番佐藤が見逃し三振。3番逢澤がセンターフライに倒れ0点。
6回裏、2死無走者でピッチャー交代、葛川。
8回表、先頭の小河がヒットで出るも9番和田がバント失敗2塁封殺。1死から犠打で2死2塁。死球で2死1,2塁となるも3番逢澤がまたもセンターフライに倒れ得点ならず。
ジェイプロジェクトが完封リレーで虎の子の1点を守り切りました。

総評

ジェイプロジェクトが前回の試合と同様、ホームランで得たリードを投手陣の見事な継投で逃げ切りました。
ただ、序盤からチャンスが多かったのはジェイプロの方。ホームランは見事でしたが、1回、4回にもチャンスは作っていました。
前回は3回で降板した古屋投手が5回までしっかりとトヨタ打線を抑え2安打無失点。6回からは前回登板がなかった保坂投手がマウンドにあがり、2回をピンチを作りながらも抑え、木村投手、塩本投手と前回の立役者を送ってトヨタ打線を0封。
投手陣が見事でしたが、リードした増田捕手、そしてベンチワークが見事でした。
これでソロホームラン3本でベスト4。こういう勝ち方がジェイプロの試合、なんでしょうね。この後も厳しい戦いが続きますが、ジェイプロの健闘が楽しみです。
トヨタ自動車はチャンスで捉えに行くもあと少しとらえきれずのフライアウトが多かった。
4回、5回には盗塁死。8回にはバント失敗。こういうのが接戦では響いてきますね。
長谷部投手はやはり空気を変える存在になっています。この後の活躍が楽しみ。
最終回に9回2死で樺澤選手が代打でヒットを打ちましたが、もったいないですよね。やはりスタメンで使ってほしい選手です。
打線がつながらないのが気になるトヨタ。どう立て直すか注目されます。

ピックアップ選手等はこちら