9月21日に岡崎球場で行われた第1試合、東海理化−三菱自動車岡崎の観戦記です。
1回戦シードでこの試合が初戦となった三菱自動車岡崎の戦いぶりに注目して観戦しました。

東海理化
000000000|0 H5 E1
01012001X|5 H10 E1
三菱自動車岡崎

東海理化
山本(17)、三小田(13)、池田大(19)−池田健、水野
三菱自動車岡崎
仲井(15)−清水

投手成績
東海理化
山本 4回1/3 78球 被安打6 四球1 三振4 失点3
三小田 2/3 7球 被安打1 四球0 三振0 失点1
池田大 3回 30球 被安打3 四球0 三振0 失点1

三菱自動車岡崎
仲井 9回 111球 被安打5 四球1 三振3 失点0

(出場選手)
東海理化
D齋藤(1) 9安藤(5) 8木村(27) 7井貝(2) 6大谷(3) 3米満(24) 4中野(10) 5星田(6) 2池田健(22)→H河田(31)→2水野(9)
三菱自動車岡崎
4宇都口(2) 3小室(6) 7福永(1)→H荒井(5)→5 9豊住(24) 8大西(25) D堂(0)→H田口(7)→R里見(28) 5冨澤(4)→7飯嶌(23) 2清水(22) 6内藤(8)

(試合経過)
1回表、四球、ヒットで1死1,3塁のチャンスを作るも4番井貝が三振(この時1塁ランナー盗塁)。5番大谷が2ゴロに倒れ先制ならず。
2回裏、1死2塁から6番堂がタイムリー2ベース。三菱自動車岡崎が先制。1−0
4回裏、2死2塁から9番内藤がタイムリー。2−0
5回裏、1死1塁でピッチャー交代、三小田。2死2塁から4番豊住がライトへ2ランホームラン。4−0
8回裏、2死2塁から代打田口がタイムリー。5−0
三菱自動車岡崎が快勝。ベスト4へと進出を決めました。

総評

三菱自動車岡崎の強さが目立ちました。
エースの仲井投手が素晴らしいピッチング。立ち上がりにピンチを迎えるもここをしのぐとあとはすいすい。
146,7kmのまっすぐとチェンジアップ等の変化球で最後まで東海理化打線に的を絞らせず。安定した投球で完封を収めました。
打線も2死にしてでも得点圏において、確実にタイムリーが出て加点。5回には4番豊住選手の2ランが出て、ここで試合をほぼ決めた形に。
途中出場の飯嶌選手、田口選手にもヒットが出て、この後の選手の使い方にも幅が出そうですし、かなり視界が開けた印象です。
東海理化も山本投手がMAX146劼鬟沺璽。ボールに力がありました。ただ、三菱自動車岡崎打線も良く、なかなか簡単には打ち取れず。
打線もヒットは出たものの散発。得意の集中打が出せませんでした。
ただ、試合に問題があったわけではなく、相手が良かったという試合。次に向けての切り替えをしっかりしたいですね。

ピックアップ選手等はこちら