9月19日に岡崎球場で行われた第2試合、王子−三重高虎BCの観戦記です。
負けたら終わりの試合。どこまで三重高虎BCが食らいつけるかに注目して観戦しました。

王子
0052044|15 H18 E0
0000000|0 H3 E3
三重高虎BC
(7回コールド)

王子
中井(18)、山梨(17)−細川、横山
三重高虎BC
上床(16)、本山(17)、山口(12)−野田

投手成績
王子
中井 6回 61球 被安打3 四球1 三振4 失点0
山梨 1回 12球 被安打0 四球0 三振2 失点0

三重高虎BC
上床 2回1/3 59球 被安打7 四球1 三振0 失点5
本山 1回 38球 被安打3 四球3 三振1 失点2
山口 3回2/3 101球 被安打8 四死球5 三振2 失点8(自責点2)

(出場選手)
3吉岡(6) 6前田(5) 4伊礼(10)→H西村(9)→8 7神鳥(25)→R山ノ井(8)→7 9亀山(1)→9賀部(29) 5横川(7) D宝島(2)→H秦(24) 8大杉(3)→4 2細川(22)→横山(27)
三重高虎BC
8田邉(8) 5ハゼ(80) 6宮下(9) 3堤(2) 2野田(1) 7山ノ内(22) D小川(10) 4大西(11) 9浅野(61)

(試合経過)
3回表、1死2塁から3番伊礼がタイムリー。1死1,3塁から5番亀山の2点タイムリー2ベース。1死1,3塁でピッチャー交代、本山。7番宝島がタイムリー。8番大杉のゲッツー崩れの間に1点。この回5点。5−0
4回表、1死満塁から6番横川に押し出し四球。ここでピッチャー交代、山口。7番宝島がタイムリー。7−0
6回表、1死1,2塁から7番宝島のヒットにエラーが絡み1点。8番大杉のタイムリー。1死満塁から2番前田の3ゴロをタイムリーエラーで2者生還。11−0
7回表、無死1塁から5番賀部がタイムリー2ベース。6番横川がタイムリー。1死1,2塁から9番横川の遊ゴロで2塁アウトのあと1塁送球が逸れてランナー生還。1番吉岡のタイムリー。15−0
王子がコールド勝ちをしました。

総評

王子は最初、一回りは上床投手のアンダーハンドのピッチングに手こずりましたが、2廻り目にはきっちり対応。しっかりとミートしてヒットを集めて試合を優位に。
とりあえず先発野手にはヒットが出ましたし、いい形で次戦に臨めそうです。
中井投手も危なげないピッチングで6回を0点。山梨投手とともに企業チームへも好投が期待されます。
三重高虎BCはベンチは多分18人。かなり厳しい陣容だったように感じます。
投手陣も山口投手をもう少し早く出したら、と思いましたが、3イニング目からちょっと厳しくなったし、少しでも負担を減らすための継投だったんだろうな、と感じる使い方でした。
平日や、日程がずれる可能性のある中でクラブチームが戦うのは厳しいんだろうな、と改めて感じました。
そんな中でも山口投手は力のあるところを見せました。
厳しい結果になりましたが、三重高虎BCのみなさんはお疲れさまでした。

ピックアップ選手等はこちら