8月31日に西濃運輸グランドで行われたヤマハ−西濃運輸のOP戦の感想です。
ヤマハは予選前は最後の観戦になりそうです。

ヤマハ
202200000|6 H13 E0
011103000|6 H10 E0
西濃運輸

ヤマハ
近藤(4)、平石(1 2/3)、佐藤(1/3)、村木(1)、大野(2)−川邉、東
西濃運輸
野田(4)、林(2)、鈴木(2)、堀田(1)−柏木
※()はイニング数

(試合経過)
1回表、1死1塁から3番網谷が2ランホームラン。ヤマハが2点先制。
2回裏、2死満塁からワイルドピッチで1点。2−1
3回表、無死1塁から1番青柳がタイムリー2ベース。無死3塁から2番前野のタイムリー。4−1
3回裏、1死3塁から4番谷のタイムリー。4−2
4回表、1死1,2塁から2番前野がタイムリー。2死1,2塁から4番笠松のタイムリー2ベース。6−2
4回裏、2死から9番細川がソロホームラン。6−3
6回表、1死2,3塁から1番北野、2番原田が連続タイムリー。1死2,3塁から3番渡邊の犠牲フライ。6−6。2死1,3塁でピッチャー交代、佐藤。
試合は引き分けとなりました。

ピックアップ選手等はこちら