8月29日にJR東海グランドで行われた三菱重工East−JR東海のOP戦の感想です。
予選前に他地区とやるOP戦は重要ですので、JR東海がどんな試合を見せるかに注目して観戦しました。

三菱重工East
030000000|3 H6 E3
04012302X|12 H16 E0
JR東海

三菱重工East
大野(3)、福本(2)、畠中(1)、吉田(2)−対馬、佐々木
JR東海
宮本(4)、若林(2)、古田(2)、喜久川(1)−鎌倉
※()はイニング数

(試合経過)
2回表、2死満塁から1番八戸の3点タイムリー2ベース。三菱重工Eastが3点を先制。
2回裏、1死1,2塁から8番藤井のタイムリー。2死1,2塁から1番竹村のタイムリー。2死満塁から3番布施に押し出し四球。更に牽制エラーでランナー生還。この回4点でJR東海が逆転。4−3
4回裏、2死2塁から4番平野がタイムリー。5−3
5回裏、1死1塁から8番藤井が2ランホームラン。7−3
6回裏、先頭の堀尾がソロホームラン。更に1死1,2塁から6番伊藤がタイムリー2ベース。7番吉田隼が犠牲フライ。10−3
8回裏、2死1塁から7番吉田隼が2ランホームラン。12−3
JR東海が毎回安打を記録し大勝しました。

ピックアップ選手等はこちら