8月23日に名城大グランドで行われた大商大−名城大のOP戦の感想です。
今年の全日本大学選手権に出場校同士の豪華なOP戦でした。

大商大
000000020|2 H8 E1
00010104X|6 H7 E0
名城大

大商大
花村(5)、野中(1)、高(1 1/3)、片原(2/3)−碓井
名城大
松本(7)、大西(2)−野口
※()はイニング数

(試合経過)
4回裏、1死1,3塁から6番大川の犠牲フライ。名城大が先制。
6回裏、1死2塁から4番野口がタイムリー2ベース。2−0
8回表、2死2塁から代打塩田がタイムリー3ベース。3番植本がタイムリー2ベース。2−2
8回裏、1死満塁からワイルドピッチで1点。1死2,3塁から6番大川が2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、片原。2死2塁からタイムリーエラーで1点。6−2
名城大が勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら