8月22日に半田北部グランドで行われた常滑−阿久比・内海・大府東・武豊の4校連合チームの観戦記です。
4回終了時までの観戦記になります。
さすがに4校の連合チームは初めて見ました。(3校まではあったはず。)

常滑
011000041|7
000100110|3
阿久比・内海・大府東・武豊

(スタメン)
常滑
4土田 5吉本 9笠原 8平田 3柴田 2山本 1舘岡 7森田 6平井
4校連合
8霈(阿) 4北川(阿) 6碓井(武) 1渡邊(武) 5浅田(大) 3小島(内)(9) 7久米(大) 9団野(阿)(13) 2岩田(阿)(11)

(試合経過)
2回表、1死2,3塁からワイルドピッチで1点。常滑が先制。
3回表、2死3塁から4番平田のタイムリー。2−0
4回裏、1死1,3塁から4番渡邊のサードゴロの間に1点。2−1
ここで球場を後にしました。

その後、連合チームが7回に追いつくも、8回に常滑が突き放して勝ちました。

4校連合。スタメンに4校が名を連ねているのもすごいですけど、1年生が5人と若いチーム。
それでも今大会2勝を上げてここまで勝ち残ってきました。こういう経験が貴重ですよね。
背番号は18まであったと思います。細かい人数は分かりませんが、こうやって連合チームで戦うというのも今後の成長にはいいかも知れません。
常滑は4回までにチャンスは結構あったのですが、思ったよりは突き放せず。終盤までもつれる結果となりました。
相手のミスに付け込めないと苦しくなりますね。この経験を次に活かせるか。

ピックアップ選手等はこちら