8月21日にダイムスタジアム伊勢で行われた近大高専−三重高虎BCの観戦記です。
来月の15日から始まる都市対抗の2次予選に出場する三重高虎BCがどんな戦いを見せるかに注目して観戦しました。

近大高専
000000002|2 H6 E3
10001001X|3 H4 E0
三重高虎BC

近大高専
坂原、岡部、竹内−前納
三重高虎BC
岡野、北澤、渡部、西本−ハゼ

投手成績
近大高専
坂原(2)4回 55球 被安打0 四球2 三振2 失点1(自責点0)
岡部(28)3回 56球 被安打3 四球3 三振4 失点1
竹内(29)1回 12球 被安打1 四球0 三振1 失点1(自責点0)

三重高虎BC
岡野(24)4回 59球 被安打2 四球2 三振2 失点0
北澤(26)1回 13球 被安打0 四球1 三振2 失点0
渡部(19)1回 20球 被安打1 四球1 三振1 失点0
西本(14)3回 37球 被安打3 四球0 三振1 失点2

(出場選手)
近大高専
4杉本(10) 6田中(7)→H吉田賢(33)→6 5戸谷(11) 7竹内(29) 3古田(20) D山口(3) 2前納(18) 9矢田(27)→H松上(14)→9→H鎌田(5) 8川岸(13)
三重高虎BC
9田邉(8)→9浅野(61) 7山之内(22) 5林友(37) D堤(2) 2ハゼ(80) 8成瀬(7) 3谷口(66) 4城本(5) 6下中(6)

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番堤の3ゴロタイムリーエラーで1点。三重高虎BCが先制。1−0
5回裏、無死3塁から9番下中のタイムリー。2−0
8回裏、2死3塁から6番成瀬のタイムリー。3−0
9回表、4番竹内、5番古田の連続長短打で無死2,3塁。1死2,3塁からワイルドピッチで1点。1死3塁から7番前納の犠牲フライ。3−2
反撃はここまで。三重高虎BCが逃げ切りました。

途中、5回表に入ってすぐに雨で中断。その前後も結構雨が降っている中での試合でした。
そのせいもあってか、ランナーは出てもなかなか得点につながらない試合に。
近大高専は最終回に意地を見せて2点を返しましたが1点届かず。ミスが絡んでの失点が多かったので、こういうケースは追いつけないですよね。
三重高虎BCは試合には勝ったものの、ヒット数は相手を下回る内容。2次予選に向けて打力をもう少しなんとかしたいですね。

ピックアップ選手等はこちら