8月7日に浜松球場で行われた静岡県知事杯社会人大学野球対抗戦の第2試合、静岡大−浜松ケイスポーツの観戦記です。
ヤマハの待つ準決勝に進むのはどちらか。静岡大の戦いに注目して観戦しました。

静岡大
102001102|7 H16 E0
000000000|0 H3 E1
浜松ケイスポーツ

静岡大
古川、藤原、吉田−竹田、西林
浜松ケイスポーツ
原木、黒沢、辻、松本大、小松−山本聖

投手成績
静岡大
古川(18) 6回 88球 被安打3 四球3 三振4 失点0
藤原(13) 2回 23球 被安打0 四球1 三振0 失点0
吉田(11) 1回 11球 被安打0 四球0 三振0 失点0

浜松ケイスポーツ
原木(12) 3回 47球 被安打5 四死球2 三振2 失点3
黒澤(16) 1回2/3 26球 被安打2 四球2 三振0 失点0
辻(14) 1/3 4球 被安打0 四球0 三振1 失点0
松本大(15) 3回 71球 被安打7 四球1 三振2 失点2
小松(10) 1回 23球 被安打2 四球1 三振1 失点2

(出場選手)
静岡大
9出口(7) 3吉川(27) 4佐藤(22)→5宇野 8木川(5) D速水(24)→R大島(14)→H番匠(26) 6原田(6) 7内田(33)→東條(4)→7永井 2竹田(2)→R西林(1)→2 5荒井(23)→4
浜松ケイスポーツ
6平谷(5)→4大和(6) 2山本聖(7) 8水谷(8)→8石原(22) 5山口(2) D山下(41) 9寺澤(25) 7前田(27) 3永井(1) 4高林(3)→6

(試合経過)
1回表、2死1塁から4番木川がタイムリー2ベース。静岡大が先制。1−0
2回裏、1死2,3塁で8番永井がショートライナーで2塁ランナーが戻れずゲッツー。チャンスを逃す。
3回表、1死1,3塁から4番木川が犠牲フライ。更に2死1,2塁から6番原田がタイムリー。3−0
5回表、2死1,2塁でピッチャー交代、辻。
6回表、無死3塁から9番荒井がタイムリー。4−0
7回表、1死満塁から1番出口の犠牲フライ。5−0
9回表、無死1塁から8番西林のタイムリー3ベース。1死3塁から1番出口のタイムリー2ベース。7−0
静岡大が快勝。

短評

静岡大が16安打を放ち、浜松ケイスポーツの投手陣から良くヒットを打ちました。鋭い打撃が目立ち、追い込まれてからもしっかりとスイングが出来ているところが素晴らしかった。
ただ、もう少し点が取れても良かった場面も多かったですが、浜松ケイスポーツの投手陣が何とか踏ん張ったのを褒めるべきかな。7回表には抜けていればコールドの点差まで行ったかもしれない当たりを浜松ケイスポーツの永井選手の好プレーで防いだ場面もありました。
静岡大は3投手で完封リレー。Wエース(石田投手、井手投手)が話題になりますが、他のピッチャーも力を付けているのが良くわかります。
浜松ケイスポーツは先週の1次予選敗退もあって、ややモチベーションが落ちていたかな?ちょっと予想以上に完敗になってしまいました。
静岡大は次はヤマハと。どこまで企業チームに迫れるか。秋に向けても貴重な試合になりそうですね。楽しみです。

ピックアップ選手等はこちら