享栄−大府

享栄が有利。
大府も今年はタレントが多い大型チームですが、享栄はそれを一回り上回る。
享栄は誰が投げても力のある投手が揃いますが、竹山が先発かな?
大府としては何とかチャンスで竹内裕選手に回して先手を取りたい。
大府は竹内投手の先発が予想されます。中盤まで踏ん張って接戦に持ち込みたいですね。

中京大中京−愛工大名電

私学4強対決。
投手力、攻撃力は愛工大名電が上回る。守備力はやや中京大中京。
ただ、エースの畔柳投手が本来の力を発揮すれば、名電もなかなか点が取れない。
中京大中京が勝つには2−1とかそういう試合かな、と。
名電は田村投手が先発と予想。要所で寺嶋投手を投入というのが戦い方かなと。
名電が畔柳投手を攻略して3点くらい取ってしまえば、名電が勝つかなと思います。
何にしてもカギは畔柳投手。昨日見た限りでは春の出来には無いと感じたので、彼の調子にかかってきますね。