7月21日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた西尾−松蔭の3回戦の観戦記です。
2013年以来の夏の勝利から2勝を上げた松蔭が、西尾にどこまで迫れるか。温存した西尾のエース川井投手を引っ張り出せるかに注目して観戦しました。

西尾
310100000|5 H11 E0
000000200|2 H7 E2
松蔭

西尾
加藤、川井−吉田義、蜷川
松蔭
南、金池−寿台

投手成績
西尾
加藤(10) 8回 121球 被安打7 四死球3 三振5 失点2
川井(1) 1回 12球 被安打0 四球0 三振0 失点0

松蔭
南(1) 2回 51球 被安打5 四球2 三振1 失点4
金池(10) 7回 96球 被安打6 四球1 三振1 失点1(自責点0)

(出場選手)
西尾
8松井 7小納谷 5杉山 9川井(1)→1 3苫井 4藤浦→R榊原(14)→4 2吉田義(12)→2蜷川 6吉田裕 1加藤(10)→9沓名(9)
松蔭
7森川 8福森 9大江 2寿台 3古川 6山下 5今原(14)→4 4田尻→H津田(5)→5 1南→1金池(10)→H渡邉(16)

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番河合がタイムリー。更に2死満塁から7番吉田義が2点タイムリー。西尾が3点先制。
2回表、2死2塁から3番杉山がタイムリー2ベース。4−0
4回表、無死2,3塁から3番杉山が犠牲フライ。5−0
7回裏、2死2,3塁から1番森川が2点タイムリー。5−2
西尾が勝ちました。

西尾が勝ちましたが、松蔭が良く食い下がりました。
2回までに4−0とリード。正直一方的になるかという状況だったのですが、3回からリリーフでマウンドに上がった金池投手が好投。
4回にエラーが絡んで1点を失いましたが、それ以外はランナーを出しながらもホームには返さない投球。8回には1死3塁のピンチでしたが、1番2番を打ち取って0点。素晴らしかった。
センターの福森選手を中心に外野守備も良く守っていました。地力は正直西尾が上だな、と感じる試合だったのですが、終盤まで食らいついたのは見事。7回には一矢報いる森川選手の2点タイムリー。最後川井投手を引っ張り出したのは見事でした。松蔭打線全体的に振り切ってるのは良かったです。
西尾も加藤投手が素晴らしく、左で安定感のある投球を披露。8回には少し足にきていて、最終回にリリーフを仰ぎましたが、十分役割を果たした印象。
それにしても川井選手の存在感はすごいですね。一人だけ私学の強豪校の選手が混じっている感じでした。
この日のように今後も序盤に点を取って優位に試合を進めたいですね。

ピックアップ選手等はこちら