7月18日に小牧球場で行われた3回戦第2試合、杜若−愛工大名電の観戦記です。
夏にベスト4が3度ある杜若。ただ、近年は低迷しており、県大会に進むことすらままならなくなってきていますが、この世代は久しぶりに秋に県大会出場。
シード校の愛工大名電に食い下がって復活を印象付けたい1戦。戦いぶりに注目して観戦しました。

杜若
0000000|0 H1 E2
000314X|8 H9 E0
愛工大名電
(7回コールド)

杜若
松井−金光
愛工大名電
田村、野嵜−藤山、川合

投手成績
杜若
松井(1) 6回 被安打9 四死球5 三振0 失点8

愛工大名電
田村(1) 5回 54球 被安打1 四球0 三振6 失点0
野嵜(11) 2回 被安打0 四球0 三振5 失点0

(出場選手)
杜若
5金川 9阪野 8西村 3塚田 4荒川 1松井 6石原 7鬼頭(17)→7滝本(18) 2金光
愛工大名電
8利光→8永江(16) 1田村→3 6伊藤→6河田(20) 7宮崎 9加藤→9有馬(13) 2藤山→2川合(14) 4房野 3三村→1野嵜(11) 5大森

(試合経過)
4回裏、1死2,3塁から8番三村が2点タイムリー2ベース。9番大森がタイムリー。愛工大名電が3点先制。3−0
5回裏、1死2塁から牽制エラー、ワイルドピッチとミスが続きランナー生還。4−0
6回裏、1死満塁から2番田村の2点タイムリー2ベース。更に1死満塁から4番宮崎の3ゴロの間に1点。5番加藤のタイムリー2ベース。この回4点。8−0。
愛工大名電がコールドで快勝。

愛工大名電が快勝。
3回まではランナーを出しながらもヒットが続かなかった名電でしたが、4回に相手のミスも絡んだところで、8番三村選手、9番大森選手にタイムリーが出て3点を先制。これでグッと楽になりました。
5回、6回も相手のミスがらみだったので、ちょっと物足りない部分も感じますが、夏の初戦ですし、ここから上がってくるのを期待したいですね。
田村投手、野嵜投手のリレーで1安打に抑えました。投手力はこれに寺嶋投手もいるわけで、やはり力があります。
あとは打線がつながってくれば、やはり優勝出来る戦力だな、と感じますね。
杜若は2回に5番の荒川選手が1本打ちましたが、結局その1本だけ。140kmを超える2人の投手に抑え込まれました。
松井投手もMAX133kmで名電相手に序盤は0点で乗り切ったのですが、4回に自らのエラーが絡んで3失点。その後も踏ん張り切れませんでした。
前の試合では2桁安打。しかしこういうレベルの投手からも打っていかないと上位進出は難しい。選手個々のレベルUPを期待したいですね。

ピックアップ選手等はこちら