7月3日に小牧球場で行われた第2試合、小牧工科−豊野の観戦記です。
豊野の中森投手、大脇選手、井口捕手、小牧工科の多和田捕手は注目選手でしたので、どういう活躍を見せるか注目して観戦しました。

小牧工科
00000000|0 H2 E3
01005001|7 H10 E1
豊野
(8回コールド)

小牧工科
石川−多和田
豊野
中森−井口

投手成績
小牧工科
石川(1) 7回2/3 110球 被安打10 四球0 三振2 失点7(自責点3)

豊野
中森(1) 8回 119球 被安打2 四球1 三振12 失点0

(出場選手)
小牧工科
5尾 6浅見 8刑部 2多和田 9柴田 7磯部 3有賀 4市川 1石川
豊野
6中尾 4三浦 1中森 5大脇 2井口 9森下 8前田 3大八木 7岩月

(試合経過)
2回裏、先頭の4番大脇が打った瞬間で場外まで運ぶホームラン。豊野が1点先制。
5回裏、2死2塁から9番岩月がタイムリー。更に2死1,2塁から2番三浦のタイムリー。2死2,3塁から3番中森がレフトフェンスに直接当たる2点タイムリー2ベース。更にタイムリーエラーで1点。6−0
8回裏、2死1,2塁から8番大八木の左中間への当たりをセンターが飛び込むも取れずタイムリーとなり、コールド成立。豊野が快勝しました。

豊野がコールド勝ち。
やはり中森投手が素晴らしかったです。MAX141km。他、140kmも何度かマーク。緩急も上手く使って小牧工科打線を抑え込みました。3回、5回に1死から2ベースを浴びてピンチを招きましたが、後続を三振等で抑えて、味方の大量点につなげました。
大脇選手のホームランもすごい衝撃音でした。4番として、しっかりと振って相手に警戒させていきたいですね。
井口捕手はヒットは出なかったものの盗塁阻止があり、好リードも光りました。ショートの中尾選手を中心に守りも固かったです。
小牧工科は2本の2ベースでチャンスはあったものの、その2本のヒットだけではどうしようもなかった。結局先発野手が全員三振を奪われてしまう結果に。
石川投手も120km中盤くらいの球威ですが、コントロール良く、しっかりと抑えていたのですが・・・。5回にミスも重なって大量失点に。でも持ち味を出した好投だったと思います。
豊野はこの勢いをつなげて、過去最高の夏3勝を目指してほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら