6月12日に刈谷球場で行われた東海大相模−中部大春日丘の招待試合の観戦記です。
6回裏途中までの観戦記になります。

東海大相模
200100010|4 H11 E1
000101000|2 H5 E1
中部大春日丘

東海大相模
庄司、池本、石川−谷口
中部大春日丘
水野、新宅−早坂

(スタメン)
東海大相模
8門馬 4綛田 9佐藤 3求 5小林 7仙庭 6牧野 2谷口 1庄司
中部大春日丘
5尾 4服部 3篠原 7吉川 8吉村 9岩田 6林 2早坂 1水野

(試合経過)
1回表、1死2,3塁から4番求の2点タイムリー2ベース。東海大相模が先制。2−0
4回表、1死2塁から8番谷口がタイムリー。3−0
4回裏、先頭の尾崎がライトスタンドへソロホームラン。3−1
6回裏、2死2塁から5番吉村がタイムリー3ベース。3−2
ここで球場を後にしました。
試合は東海大相模が勝ちました。

東海大相模は2年生の庄司投手が先発。MAX142kmをマークするなど、力のあるボールが目立ちました。秋からは主力になりそうですね。他にもいい投手は一杯いるんでしょうが・・・。
この試合で4番に入った求選手は3安打とさすがのバッティング。ヒットは全て初球。どんどん振る姿勢は素晴らしい。
中部大春日丘は3点ビハインドで1番の尾崎選手がライトへホームラン。自信になりそうですね。
水野投手はこの日はMAX139km。立ち上がりはバタバタしましたが2回以降は立ち直りました。まだ伸びしろのありそうな好投手ですね。夏大前に見れて良かった。

ピックアップ選手等はこちら