ノマドランド「ノマドランド」を観てきました。

(あらすじ)
アメリカ・ネバダ州に暮らす60代の女性ファーン(フランシス・マクドーマンド)は、リーマンショックによる企業の倒産で住み慣れた家を失ってしまう。彼女はキャンピングカーに荷物を積み込み、車上生活をしながら過酷な季節労働の現場を渡り歩くことを余儀なくされる。現代の「ノマド(遊牧民)」として一日一日を必死に乗り越え、その過程で出会うノマドたちと苦楽を共にし、ファーンは広大な西部をさすらう。

色々考えさせられる映画。自分に置き換えると他人事とは思えない部分も。

ただ、面白い映画かというと・・・。

アメリカの現在の事情が分からなかったり、場面の切り替わりが早くて、現状の把握が難しかったりと、話に感情移入がしずらかったのが個人的には厳しかったです。

洋画は久しぶりに見ました。2019年11月の「ジョーカー」以来。
個人的には字幕のが好きなのですが、久しぶりなのも話に入りずらかった原因かもしれません。

ドキュメンタリーっぽい映画で、ノマドの方々はどうやら実際にそういう生活を送っている方だったよう。素人が出ているとは思えない作りなのはすごいな、と感じました。

☆3つで。