4月14日に春日井球場で行われた東学大−愛工大の4回戦の観戦記です。
雨天順延もあり、水曜日までもつれた今カード。この試合も延長までもつれました。

東学大
0000000002|2 H13 E3
0000000000|0 H7 E2
愛工大

東学大
山田−山本
愛工大
鈴木敦、小野、藤井、中村−田中

投手成績
東学大
山田 10回 131球 被安打7 四死球2 三振4 失点0

愛工大
鈴木敦 5回 76球 被安打6 四死球2 三振3 失点0
小野 1/3 9球 被安打2 四球1 三振0 失点0
藤井 1回2/3 18球 被安打0 四球0 三振3 失点0
中村 3回 45球 被安打5 四球0 三振4 失点2(自責点1)

(出場選手)
東学大
8清水唯 4坂口 3村口 9名古路 7榊原 D高辻→H吉田→H清水裕 6鈴木 5藤田→H宇山→5水野 2山本
愛工大
8後藤 9宮川 6清水 D駒澤→H尾藤→H鈴木秀 5谷川 2田中 7福山 3山本→R湯本→3深見 4白井

(試合経過)
2回裏、1死1,2塁のチャンスを活かせず。
3回裏、1死1,3塁のチャンスで4番駒澤を迎えるも得点ならず。
5回裏、1番後藤、2番宮川の連打で無死1,2塁。送って4番を迎えるも得点ならず。
6回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、藤井。ここを三振、2ゴロに抑えてピンチを脱出。
8回裏、2死2塁から7番鈴木のヒット。2塁ランナーがホームを突くもタッチアウトに。
9回で得点ならず、延長戦へ。
10回表、1死2,3塁から代打清水裕が犠牲フライ。中継が乱れる間に2塁ランナーも生還。東学大が2点先制。
東学大が勝って、勝ち点を2としました。

9回までお互いに残塁が10ずつ。チャンスをなかなか活かせない試合。ただ、東学大の山田投手がしり上がりに調子を上げ、6回以降はヒット2本。8回以降は完璧に抑えて勝利に導きました。
5回のピンチでの投球も見事でした。
打線は4番の名古路選手が5打数5安打。10回も無死1塁からチャンス拡大のヒット。4番の役割を果たしていましたね。
愛工大は5回までに大きなチャンスが3度。そこまでで何とかしたかった。投手陣は何とか踏ん張っていたんですが・・・。1年生が6回以降3人登板。今後のリーグ戦にも1年生がカギになってきそうです。

ピックアップ選手等はこちら