FE名古屋87−79愛媛

第1Qからお互いに点を取るレベルの高い試合。前半はお互いにファールも少なく見ごたえのある試合になりました。
前半終わって54−50。

後半、第3Qは名古屋がファールトラブルで苦しみ、点差を詰められる。ただ、愛媛側がフリースローがあまり決まらず差を詰め切れなかったのに助けられ、愛媛も5ファールとなり名古屋が1点リードで第4Qに入れたことが大きかった。
第4Qは名古屋が一気に突き放し、愛媛も粘ったものの逃げ切った試合となりました。

フリースローは改めて大事だと感じる試合でした。

飛田選手は最初に3ポイントを連発。これも大きなプレーでした。

DSC_2416
DSC_2397DSC_2445DSC_2508DSC_2482DSC_2514DSC_2521DSC_2420