3月11日に西濃運輸Gで行われた日本製鉄広畑−西濃運輸の感想です。

日本製鉄広畑
002000200|4 H8 E0
000002200|4 H8 E1
西濃運輸

日本製鉄広畑
宮田(6)、照峰(1)、森本(1)、前川(1)−春日
西濃運輸
石本(5)、野田(1)、林(3)−浦岡、福山
※()はイニング数

(試合経過)
3回表、2死1,3塁から2番堀口、3番上田の連続タイムリー。日本製鉄広畑が2点先制。
6回裏、2死3塁から4番谷がタイムリー。更に2死1,2塁から6番細川がタイムリー2ベース。2−2
7回表、2死2,3塁から2番堀口、3番上田が連続タイムリー。4−2
7回裏、1死2塁から1番渡邊がタイムリー3ベース。2死3塁から3番住谷がどん詰まりながらもピッチャー後方に落ちるタイムリー内野安打。4−4
引き分けとなりました。

西濃運輸は今年の新戦力という3投手が登板。それぞれ持ち味を発揮しました。林投手は初めて社会人相手に登板。コントロールに苦しみ2点を失いますが、その後2イニング良く粘りました。
打線も2度追いつく粘りを見せました。最終回はチャンスで住谷選手でしたが、アンラッキーなライナーゲッツー。これは仕方ない。
日本製鉄広畑も投げる投手がそれぞれ力がありました。前川投手はBC新潟からの移籍。150kmをマークしていました。照峰投手も高卒2年目とは思えないボール。楽しみな投手です。
愛院大出身の岡選手も見れて良かった。さすがのバッティングを披露してくれました。

詳しい感想はこちら