3月9日にナゴヤ球場で行われた中日−埼玉西武のOP戦の感想です。

ナゴヤ球場に行くのが2019年9月以来。1軍の試合を見るのは初めてかもしれません。

場所は1塁側の内野スタンド。こちらに来るもの初めてだったかも、です。
ちょっと写真は厳しかったです。

埼玉西武
300400000|7 H11 E0
010100000|2 H10 E0
中日

投手成績
埼玉西武
松本 5回 73球 被安打8 四球0 三振3 失点2 MAX143
田村 1回 11球 被安打0 四球0 三振1 失点0 MAX145
宮川 1回 6球 被安打1 四球0 三振0 失点0
吉川 1回 21球 被安打1 四球0 三振1 失点0 MAX144
佐野 1回 被安打0 四球0 三振0 失点0

中日
勝野 4回 83球 被安打10 四球1 三振1 失点7 MAX142
橋本 1回 10球 被安打0 四球0 三振2 失点0 MAX146
鈴木 1回 18球 被安打1 四球0 三振1 失点0 MAX146
谷元 1回 21球 被安打0 四球0 三振3 失点0 MAX146
藤嶋 1回 13球 被安打0 四球0 三振0 失点0 MAX141
木下雄 1回 17球 被安打0 四球0 三振0 失点0 MAX150

中日は勝野投手が先発。1球だけ142kmがあったのですが、ほぼ140kmまでしかスピードが出ない。本来は150km近いまっすぐが持ち味の投手だけに、この投球では苦しい。本人もスピードが出ないことが何故か分からないというコメントのようですが、ここを取り戻すまで再調整が必要かと。
DSC_1951_2
リリーフ陣は無失点でした。総じて良かったと思いますが、特に良かったのは橋本投手と谷元投手。橋本投手は左で146kmをマーク。たまに炎上するのが気になりますが、まずはイニング食える投手になってほしいですね。
DSC_1985_2
鈴木投手のサイドハンドは初めて見ました。やや置きに行ってるように感じるフォームですが、徐々に腕が振れて146kmをマーク。コントロールの心配をしなくていいというのが一番大きいですね。これで150km近くまで出るとかなりの武器になりますが・・・。又吉投手と役割が被るだけに、結果を残し続けるしかないかな?
DSC_1991_2
木下雄投手は150kmをマーク。ただ、3人で抑えたもののいい当たりばかりでした。パリーグの打者だと合っちゃう可能性があります。まっすぐでどこまで押し込めるかがカギになりそう。
DSC_2018_1
西武では田村投手のボールが良かった。
DSC_1992_2

打線では京田選手にヒットが無かったものの、それぞれヒットが出ていたので良かった方かな?高橋周平選手が見事な内容でホームランも素晴らしかった。3番を打たせてほしいな。
DSC_1983_2

根尾選手は期待も大きいのですが、この日は内容が無かった。追い込まれてしまうとどうしようもないので、早いカウントで打つしかないのですが・・・。
DSC_1973_2

高松選手が途中出場でヒット。もっと見たいな。
DSC_2016_1

岡林選手の打席が無かったのも残念でした。

育成契約の山下選手。最初の打席のライナーは素晴らしかった(好捕されましたが)。支配下で使いたい選手かな、と。
DSC_2002_2
先発はまだまだ他にもいるのでそんなに心配はないかな、と思いますが、チャンスをつかむ選手が誰になるかは楽しみですね。

西武打線はやはり強いな、という印象。岸潤一郎選手は楽しみですね。
DSC_1981_2