ヤクザと家族
「ヤクザと家族 The Family」を観てきました。

(あらすじ)
1999年、覚せい剤が原因で父親を亡くした山本賢治(綾野剛)は、柴咲組組長の柴咲博(舘ひろし)の危機を救ったことからヤクザの世界に足を踏み入れる。2005年、ヤクザとして名を挙げていく賢治は、自分と似た境遇で育った女性と出会い、家族を守るための決断をする。それから時は流れ、2019年、14年間の刑務所暮らしを終えた賢治だったが、柴咲組は暴力団対策法の影響で激変していた。

約20年の時の中で、ヤクザという社会の変化を描いた作品。

もちろん綾野剛の役の視点からなのですが、暴対法でそこまで変わったのか、と改めて知らされる作品でした。
ただ、本当のヤクザの世界はその中で生き残っている人もいるんでしょうが・・・。

自分はヤクザ映画とか見ないですし、基本的にそこと関わることがない世界にいるので、知っているとすれば「静かなるドン」で読んだくらい(笑)。
2013年に終了した「静かなるドン」が今の世の中でどうなっていたかは知りたいな、と映画を観て思いました。

ヤクザは少なくなってもヤクザまがいの人はいる。そういう意味ではリアリティはあったかな。
尾野真千子の女子大生はさすがに厳しかったけど(笑)。

14年って、結構長い時間ですね。このブログは始まっていましたけど、映画で改めて実感しました。

☆は3.5で。