2001年にNHKマイルCとジャパンカップダートを制し、同年のJRA賞最優秀ダートホースを受賞したクロフネ(牡23)が17日、繋養先の社台スタリオンステーションで老衰のため死んだ。
ジャパンカップダート後に屈腱炎を発症し引退、種牡馬入り。フサイチリシャール、スリープレスナイト、カレンチャン、ホエールキャプチャ、アエロリットなどのG鞠呂鯒攴个掘∈鯒は白毛馬初のG祇覇を達成したソダシがJRA賞最優秀2歳牝馬の栄誉に輝いた。(東スポより)

名馬、そして名種牡馬のクロフネが亡くなりました。
種牡馬サンデーサイレンス全盛時代に〇外として競争馬デビューし、ちょうどダービーが〇外に開放されたタイミングで名前通りにクロフネになるかと思われましたが、距離が合わず敗退。それでも秋の天皇賞が除外されたタイミングでダートの武蔵野Sで圧巻のパフォーマンス。そしてジャパンカップダートでも圧勝してすさまじいダートでの強さを発揮しましたが、そこで屈腱炎で引退となったのが残念でなりませんでした。
ただ、そこから種牡馬としても成功。G鞠呂眇多く出しました。ただ、牝馬が多く後継が続くか微妙なのですが・・・。

母父としては成功しそうですけどね。

でもクロフネも23歳だったんですね。時間が経つのは早い。

長く競馬界で活躍。お疲れ様でした。