ゼロワン「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」を観てきました。

(あらすじ)
60分で世界を破壊して楽園を創造すると宣言し、賛同する数千人の信者と共に世界各地で大規模な同時多発テロを引き起こす謎の男エス(伊藤英明)。彼の凶行を止めようと立ち上がった飛電或人こと仮面ライダーゼロワン(高橋文哉)に続き、不破諫(岡田龍太郎)、刃唯阿(井桁弘恵)、天津垓(桜木那智)らも仮面ライダーとなって戦いに加わる。彼らはエスの圧倒的な強さに苦戦するが、エスの正体と作り上げようとしている楽園の全貌を突き止めようとする。

同時上映でセイバーの劇場短編がありましたが、例年の夏映画の戦隊と同じであくまでおまけ。20分でしたし、戦って終わりという話。割愛します。

ゼロワンは60分という尺をリアルタイムにみせる工夫で物語を構築していました。
映画らしく、本編で敵対していた(最後和解していたかちゃんと覚えていない)ライダーたちが共闘。
それをかっこよく見せる、それは出来ていたと思います。

ただ、そもそもゼロワン自体の作品が個人的にはイマイチで・・・。悪だった人が捌かれてないまま味方風になっていることも多くて、共闘に感動出来ないんですよね。

ただ、ゼロワン、ゼロツーの共闘は良かった。それが出来るなら最初から、とも思うけど、それは野暮ってことなんでしょうね。

☆は4つで。本編が好きだった人にはいい映画かな、と思います。