11月14日に阿久比球場で行われた1年生大会の1回戦、豊田大谷−大府の観戦記です。

豊田大谷
0000010012|4 H10 E2
0010000010|2 H5 E1
大府
(延長10回タイブレーク)

豊田大谷
三浦タカヒロ−内藤
大府
徳永、蟹江−長南

投手成績
豊田大谷
三浦タカヒロ(1) 10回 109球 被安打5 四死球2 三振5 失点2(自責点1)

大府
徳永(1) 7回0/3 113球 被安打6 四球4 三振5 失点1
蟹江(7) 3回 50球 被安打4 四球2 三振3 失点3(自責点0)

(出場選手)
豊田大谷
4竜田 2内藤 8上山 1三浦タカヒロ 5三浦リョウマ 6大隅 9山名 3岡崎 7松林→H深谷→R清水→7山口
大府
5宇佐美 8平松 2長南 7蟹江→1 9宮崎 1徳永→7 3江坂 4椎名 6吉田

(試合経過)
3回裏、1死2塁から9番吉田の3塁へのバントを1塁へ悪送球し、その間にランナー生還。大府が先制。
6回表、先頭の2番内藤が3ベース。3番上山の2ゴロの間に1点。1−1
8回表、1死から3番上山が3ベース。4番三浦タカヒロは申告敬遠。5番三浦リョウマ、6番大隅が倒れ勝ち越しならず。
9回表、1死2塁から代打深谷のレフトへのヒットで処理にもたつく間に2塁ランナーが生還。豊田大谷が勝ち越し。2−1
9回裏、2死3塁から6番徳永が詰まりながらピッチャー後方に落ちるタイムリー内野安打。大府が土壇場で同点に追いつく。
10回から延長タイブレークに突入。
10回表、無死1,2塁から2番内藤がヒット。無死満塁から2者連続三振の後、5番三浦リョウマが2点タイムリー。豊田大谷が2点勝ち越し4−2。
10回裏、送って1死2,3塁とするも、後続が倒れ試合終了。4−2で豊田大谷が勝ちました。

豊田大谷は1回表に2死満塁のチャンスを逃すと、チャンスは多いものの走塁で刺されるケースが多くなり、なかなか得点を奪えない展開。6回にようやく追いついたものの、7回、8回とチャンスで勝ち越せず、9回にようやく勝ち越したものの逃げ切れず延長に。タイブレークでは最初の内藤選手がヒットを打って無死満塁とし、絶好機になりますが、そこから連続三振。このままチャンスを逃すかというところで5番の三浦リョウマ選手が勝ち越しのタイムリーを打ってくれて競り勝つことが出来ました。
三浦タカヒロ投手は牽制で3度ランナーを刺すなど、上手さが光り、コントロールも良く安定感の光る左腕。打席では2度申告敬遠をされるという警戒のされようでしたが、勝ちにつながって良かった。
足を使うなど積極的な攻撃は阻まれる場面もありましたが、タイブレークでは活きましたし、こういう野球を徹底してほしいですね。
大府は11人で戦う大会。バントがとにかく多くて、それが活きる場面もありましたが、やや非力に感じる部分もありました。
秋に見た本体チームもバントが多かったですし、そういう野球なんでしょうね。そうなると9回裏に1死3塁でスクイズがファールになる場面がありましたが、こういうところできっちりと決めたいところ。
徳永投手はボールに力があり、MAXは132kmを記録。成長して球威が上がるのを期待したいですね。
両チームともキャッチャーが良く目立ちました。

ピックアップ選手等はこちら