10月17日に小松末広球場で行われた第2試合、高岡法科大−北陸大の観戦記です。
高岡法科大は勝ち点を上げれば入替戦回避できる試合。この試合も接戦となりました。

高岡法科大
000200100|3 H8 E1
000001003|4 H10 E2
北陸大

高岡法科大
河村、近藤−大坪
北陸大
大灘、油木−福島、白米

投手成績
高岡法科大
河村 7回 97球 被安打7 四死球3 三振4 失点1
近藤 1回2/3 38球 被安打2 四死球2 三振2 失点3

北陸大
大灘 6回2/3 83球 被安打7 四球2 三振5 失点3
油木 2回1/3 38球 被安打1 四球1 三振2 失点0

(出場選手)
高岡法科大
8新宅7八尾3古殿D金田5吉田9南6竹内2大坪4井上
北陸大
7澤井→9→R中本 6山本 3岩崎 D扇谷 5藤石→R阿部→5 4川畑駿 9浅香→8 8中島→2白米→R細川 2福島→H野口→7

(試合経過)
4回表、2死1,2塁から6番南が2点タイムリー2ベース。高岡法科大が2点先制。
6回裏、2死1,3塁から6番川畑のタイムリー。2−1
7回表、2死1,2塁から1番新宅がタイムリー2ベース。3−1。ここでピッチャー交代、油木。
9回裏、2死2塁から1番澤井がタイムリー。更に死球で2死1,2塁となり、3番岩崎がレフトオーバーの2点タイムリー2ベースで逆転サヨナラ。
北陸大が勝ちました。

高岡法科大が勝ちを掴みかけていたのですが、最後にスルリと抜けてしまったような試合に。
9回裏の死球の判定は・・・。正直審判にもう少し毅然とした態度を望みたかった。アピールしたもの勝ちみたいになってしまって。
それでも土壇場でサヨナラタイムリーを打った北陸大の岩崎選手は見事でした。チームの執念が乗り移った形だったかな?
ただ、北陸大の一部選手が審判に対して等、ちょっと気になる態度がありました。審判を敵に回していいことは一つもないですから、ちょっと気を付けてほしいですね。
高岡法科大はここまで1勝のみと厳しい戦いをしてきていたのですが、この試合は守備も出来るプレーを必死にやっていました。
まだ最下位脱出のチャンスはあるだけに諦めずに戦ってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら